「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 日本の平和憲法を世界に広めたいと思っている人達にお願いしてみたい。TOP > 外交 > title - 日本の平和憲法を世界に広めたいと思っている人達にお願いしてみたい。

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の平和憲法を世界に広めたいと思っている人達にお願いしてみたい。   

議論を呼んでいる先制攻撃発言ですが、安倍官房長官や額賀防衛庁長官発言の趣旨は、「議論・検討する必要がある」ということであって、今の憲法や自衛隊装備では現実的に難しいから、政府内で検討するけど国民の皆さんも色々考えてみて下さいね、というメッセージにもなっていると思います。早速、各マスコミも取り上げてますし、ネットの掲示板やブログでも話題になっています。議論自体は大いに結構なことだと思いますし、私自身もいろいろな意見を目にして、あれこれ考えを巡らしてみたりしています。

また、暗に「日本の安全保障を日米安保条約に頼っているだけでよいのか?」という論点も国民に提示したことになると思います。今回の一連の報道の前には、北朝鮮が日本向けのミサイルを配備している(北朝鮮だけじゃないようですが)ことさえ知らなかった国民も意外と多いのかもしれませんので、議論が盛り上がることは歓迎して良いのかもしれません。

要は『日本国民の生命と財産をどうやって守るか』その手段を考えようと言うことですね。

ところが、今回の先制攻撃論を見ておそらくほとんどの日本人が想定できないような思考の飛躍をしているところが韓国です。このような議論が「朝鮮半島の緊張を高めたり事態を悪化させる」というのは、冷静に考えれば一理あるかなとは思います。しかし、なんでそれが「日本は侵略主義的」になるんでしょう??

韓国政府やマスコミが「日本は侵略主義だ」と主張するなんて日本人から見たら明らかに飛躍しすぎですよね。竹島は返せと言っても朝鮮半島まで分捕ってやれという意見は日本の中では聞いたことありません。韓国のこう言う発想は、竹島問題や反日教育の成果だと思うのですが、あきらかに日本を「誤解」している訳です。どう考えたって日本が侵略するなんてありえない。

私が一番避けたいと思うのは、誤解による喧嘩(戦争)です。日常の人間関係でも争い事は双方の誤解が原因と言うことも少なくないですよね。誤解さえ解ければあんなコトで悩んだり喧嘩しなくても済んだよなぁというのは多くの人が経験あると思います。これは国家間でも当てはまることがあると思うんですよ。それに、誤解によって人が死ぬなんてことほど悲しいことはない。

日米開戦の前も、アメリカ国内で反日感情を煽る為の嘘や捏造が(おそらくコミンテルンによって)まき散らされていたことはラルフ タウンゼント氏の「アメリカはアジアに介入するな!」を読むとよくわかります。そのような嘘によるアメリカ国民の誤解が無ければ、ひょっとしたら日米間の戦争に反対するアメリカ国内の世論が強くなっていたかもしれません。

韓国や中国が国民に対して幼い子供のうちから他国を憎むように教育し(悲しいことです)、政府もマスコミもそれを煽ってる・・・それらが無用な反日デモなどの争い事の一因でもあります。

さて、視点を変えてその誤解を解けないものか?と考えてみます。
外交努力ももちろん必要でしょうし、ネットでも日韓チャットなどを通して正しい情報と日本人の意見を伝えている方たち(例えば月見櫓さん)もいます。じゃあ、日頃から「日本の平和憲法を世界に広めよう!」と活動している人達はどうなんだろう?

「日本は平和憲法があるのだから、侵略主義なんて滅相も御座いません。誤解です!」と、近隣諸国に訴えたことがありますか?憲法9条を世界に広める活動に少しでも成果があるとするならば、中韓の方から少しは、日本は侵略主義ではないという声が聞こえてきても良さそうなものだと思うのですが、いかがでしょう? ご近所の国々は政策として反日を採用しているので馬耳東風かもしれませんが、少なくとも韓国マスコミは自国政府の批判も可能と言うことが最近の論調でも明らかですから、そこに訴えかけるというのは活動として充分アリでしょう。

それとも、日本の改憲勢力と戦うだけで精一杯で、他国に広めるどころではないのでしょうか?
日本の中で「9条は素晴らしいから世界に広めよう」「そうだ、そうだ」と仲間内で言っているだけなら、それは自慰行為と言われても仕方ないのではないでしょうか。

もちろん、私が知らないだけという可能性もありますので、彼らの活動成果を何かご存知の方はコメント欄ででも教えていただければ幸いです。



ちなみに、国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄した国は、日本だけではなかったんですね。他に4ヶ国(イタリア、ハンガリー、アゼルバイジャン、エクアドル)がそのようです。
たとえばイタリア憲法の11条。
「イタリアは、他国民の自由に対する攻撃の手段、および国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄する。イタリアは、他国と同等の条件で、諸国家間の平和と正義を保障する機構に必要な主権の制限に同意する。イタリアは、この目的のための国際組織を促進し、かつ助成する。」

また、駒澤大学、西修教授のウェブサイトによれば、侵略(征服)戦争の否認を訴えている国としては、ドイツ、フランス、バーレーン、キューバ、韓国など13か国・・・。
ん。「韓国 1987年 5条」?・・・竹島を武力侵略した後に決めたのかよっ!

このエントリーに何か感じるところがありましたら、クリックお願いします<(_ _)>


参考:
いろいろなことについて考えてみるブログ

世界の現行憲法と平和主義条項

4829503610アメリカはアジアに介入するな!
ラルフ タウンゼント 田中秀雄 先田 賢紀智
芙蓉書房出版 2005-07

by G-Tools



スポンサーサイト

コメント

TBありがとうでした~。

>もちろん、私が知らないだけという可能性もありますので、彼らの活動成果を何かご存知の方はコメント欄ででも教えていただければ幸いです。

わたしもそれがいつも疑問で、以前に聞いたことがあるのですが明確な回答はありませんでした。
きっと、小泉首相が靖国神社を参拝しているから、憲法9条が広まらないと答えてくれるのかな?だなんて想像してます^^;

>あいおうさん
コメントありがとうございます。

あいおうさんがご存知ないのなら、彼らの活動成果は実際には海外に広まっていないと言うことで確定でしょう(^^;

きゃつらは世界の平和や日本の安全なんて考えていません。
というかいかに日本を酷くするかしか考えていません。
ですから日本の安全を守るための米軍や自衛隊にはあれこれいうのに中国朝鮮の行為は完全にスルーです。
護憲を掲げるブログで中国の潜水艦による領海侵犯について「間違って入っただけだって向こうは言っているのに何でさわぐんだ」なんてほざく始末です。
あげくの果てに北朝鮮のミサイル発射は「日本が撃たせるように画策した」とまでいう始末。
平和と言えば何を言っても賛同するだろうとなめている連中です。

有事になったら無数の遺族を前にとんでもない暴言を吐いて殺されるんじゃないかと思います。

>万打無さん。

コメントありがとうございます。
結局、性善説で外交を考えてしまうからそうなってしまうんですよね。何を隠そう私の父がそのタイプなんですよ(笑)
常に日本が悪くて、タカ派が戦争したがっている、などと言うものですから参ります(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/70-d25b69d9

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。