「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 無題TOP > 雑記・つぶやき > title - 無題

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題   

このたびの大震災に罹災された方々へ、心よりのお見舞いを申し上げます。

長いこと放置プレイですみませんでした。更新を期待して訪問いただいていた方々には心よりお詫び申し上げます。

理由はいろいろとありますがそれは改めて後日ということにして、この東日本大地震という未曾有の状況に直面し、いろいろと言いたいことが溜まりに溜まってきたため、このblogを試験的に再開します。

ただし、更新頻度はどうなるか分かりません。また、コメントいただいても返信する余裕はおそらくないため、この記事を除き今後のコメント欄はClose状態での再開とさせていただきます。

代わりと言ってはなんですが、もし記事に賛同いただければ記事ごとの下部にある拍手ボタンのクリックで、ご意見がある場合にはトラックバックかブコメなんかでどうぞ。
(万一気が向いたら「ツイートする」をつけるかもしれません)

とりあえず今回は、今運営中のもう一つのblogにアップした記事をこちらにも転載しておきます。



悲惨な情報に接し続けていると、被災していなくても心が疲れます。
なにも悪いこともしていないのに自分の無力感に罪悪感を覚え、いままでの日常を送ることにためらいを覚えてしまいます。
そういう人も少なくないかもしれません。

でも、被災していない健康な人が凹んでもなんにもなりません。
過度な自粛や萎縮で日常を失うと、健康な人でも精神的に病んでしまうことも少なくないと聞きます。(・・・病名失念)

いまは募金など自分でも出来ることで支援をし、いずれは「元気」を送らなければなりません。
そのときのためにも、無事な自分は健康でいられることに感謝しつつそれを失わないようにしなきゃな、と。

さっきまで節電のため部屋の電気を真っ暗にしていましたが、今は電力のピーク時ではありませんし、考え直して必要最小限点けることにしました。
トイレや外出の際に転んで怪我をすると、ただでさえ被災地への応援で手薄になっている医療・薬品リソースを無駄遣いすることにもつながりかねませんし。

-----

正直なところ、週末の報道で精神的にちょっとやられていたかもしれません。

悲惨過ぎる現地の声を聞いては涙し、
海外からの応援メッセージを読んでは涙し、・・・

そしてこの報道映像をみて、涙腺が崩壊、その後なんか吹っ切れた気がしました。

「また、再建しましょう!」


被災者に元気づけられるなんて、なにやってんだ、オレ。

信じられないほど強いおじいさん、人生の大先輩。

被災3日目にして、お年寄りが、もう明るい未来を信じている・・・

このタフさを見習わなきゃならないと思った。これこそ日本の強さなのか、と。

こういう人に私はなりたい。

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/626-8f3cfe74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。