「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - HIV国内感染者は増加傾向? 日本は先進諸国に遅れている?TOP > メディアリテラシー > title - HIV国内感染者は増加傾向? 日本は先進諸国に遅れている?

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV国内感染者は増加傾向? 日本は先進諸国に遅れている?   

歴史認識についてはもっと書きたいことがあって、あと数本エントリーを続けるつもりですが、ここいらでちょっと他の話題を。

夕べのニュースでHIVの国内感染率上昇が目立っているというものがありました。


HIV:国内感染者、累計で1万人超える

厚生労働省のエイズ動向委員会は19日、国内のHIV(エイズウイルス)感染者が累計で1万人を超えたと発表した。
厚労省は「先進諸国が横ばいの中で日本の感染率上昇は目立っており、啓発が遅れている」と警戒を強めている。

厚労省によると、7~9月に報告があった新規感染者は294人で、四半期ベースでは過去最多。血液製剤で感染した薬害被害者を除く感染者は累計で1万247人(男性8305人、女性1942人)に達した。85年の最初の感染報告から5000人突破までは17年かかったが、ここ数年でペースが急激に上がり、03年1月以降の5年9カ月で5107人の感染者が見つかった。

毎日新聞 2008年11月19日 20時48分(最終更新 11月19日 23時23分)


この手のニュースを見るときにいつも思うのですが、実数が増えているのか、発覚した人が増えたのかが読者にわかりにくい記事ですよね。
(ここでいう実数とは実際に感染している人の総数のことで、未検査で本人さえ気づいていない人を含むという意味です。)

20yobouposter国民に対するHIVへの意識啓蒙が進んだ結果、検査を受ける人が増え、その結果として発覚した人が増えただけでは? と見ることもできるのかと。

無料・匿名検査を行う体制も増えて、行政サイドもしきりに告知に努めている様子もうかがえます。 ちょうど今は、東京では駅などで右のようなエイズ予防月間ポスターを見かけますし。

(このポスターは「都内すべての高等学校、大学、短大、専修・各種学校、医療機関、献血ルーム、区市町村・保健所等行政機関、などに配布」しているそうです。ポスターをクリックすると東京都福祉保険局のサイトへ)


あと、「先進諸国が横ばいの中で日本の感染率上昇は目立っており」ってありますが、感染""の上昇であって、感染者""が他国と比較してどうなのかが書かれていないとよくわかりません。

分母が違うのですから"率"だけ比較しても意味ないです。

100人→120人も、1000人→1200人も感染者の増加""は同じだけど、感染者""の増加は10倍ですからね。 どちらが危機的かといったら後者でしょう。

他の先進諸国の検査体制や感染(判明)者数を見ないとなんとも言えません。
あと、日本で検査を受ける人の増加率も気になります。(新規、リピーターなどの分類も含めて)

※追記

記事では、「感染率上昇」とあるので、”検査を受けた人数”に対して、”感染が判明した人”の率が増えているということなのかもしれないですね・・・・んーわかりにくい。

このHIV件の他にも、「○○の相談件数が増えている」という報道では、相談者数が増えたのか、相談する必要がある事象が増えたのかががわかりにくく、治安やモラルが悪化しているかのような誤誘導をしている報道をよく見かけるように思います。
(DVの相談件数、性犯罪被害の相談件数、社内セクハラ相談件数とか・・・etc.)

こういうケースは、相当の暗数が含まれているであろうことは想像に難くないので、相談件数=事案数と捉えないように注意したいところです。

「相談窓口の開設とその告知に努めた結果として相談者が増えた」のなら、むしろそういう体制を整備することに尽力している人たちに感謝したいものです。


・・・・・・ただし、


メディアリテラシーとして疑問を感じるこういう記事でも、それが良い結果につながるのならむやみに批判するのも野暮かもしれません。危機感を煽った結果として、HIV感染者数の実数の増加を抑えられるのなら良いことではないかと。

(ってなことを、パオロ・マッツァリーノ氏が著書「反社会学講座」の環境問題のところで書いていました)

ですから、記事をあっさり鵜呑みにして「日本はこの後どうなってしまうのだろう」と不安になったり、「日本はいったいどうなっているんだ」などと自虐になる必要もないかと思います。

この記事、よく見ると「先進諸国が横ばいの中で日本の感染率上昇は目立っており、啓発が遅れている」と言っているのは厚労省の方なんですね。

もしも仮に、上述したようなことを厚労省担当者はわかっていて、あえて感染者実数増加を抑制するために「先進国の中で日本だけ遅れている」と危機感を煽る策略で言っているとしたら、なかなかやるなぁ、と(笑) 
そうでなければ、・・・まぁ、その、あれですがw


ただ、危機感を煽る手法については予算獲得やら、視聴率やらなにやらいろんなところで使われていると思われますので、普通は注意すべきものだと思います。


HIVについては結局のところ、実態はよくわからないし、気をつけるに越したことはないし検査は受けましょうと言うことで。

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/618-bfa7edbf

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。