「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - ミサイルが発射されても目が覚めない人達TOP > 政治 > title - ミサイルが発射されても目が覚めない人達

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサイルが発射されても目が覚めない人達   

昨日(7/5)の北朝鮮ミサイル発射関連のニュースで苦笑してしまったのがこれです。
沖縄市議会パトリオット抗議中止へ(沖縄タイムス 2006/07/05)
北朝鮮情勢に伴い転換
 【沖縄】最新鋭の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の米軍嘉手納基地への配備問題で、沖縄市議会(浜比嘉勇議長)は五日午後、六月定例会最終本会議で抗議決議と意見書を審議する予定にしていたが、同日午前に発射された北朝鮮のミサイル問題が浮上したため、提案者の小浜守勝・基地に関する調査特別委員会委員長は「状況が変わった」として同議案を取りやめることを明らかにした。

 小浜委員長は「北朝鮮がミサイルを発射し、市民の安全が脅かされた現実がある以上、このミサイルを撃ち落とすパトリオットの配備を簡単に駄目だとは言い切れない」と述べた。同日午前の一般質問終了後に委員会で協議する。

 一方、東門美津子市長は「北朝鮮のミサイル発射がまだ、どういう状況か分からない中でコメントはできない。ただパトリオットの配備については反対だ」と述べた。
実際にミサイルを発射されて、目が覚めたのでしょうか?それともタイミングが悪いから?
ミサイル自体は以前にも発射されてますし、その時は日本の上空を飛び越えているわけですから今回とはまた違った脅威があったはずなんですけど。それとも「あれは人工衛星だった」と現実を無視して都合の良い方に妄想していたのでしょうかね。平和ボケから少しでも現実に目を向けられるようになった人が増えたのならいいのですが、東門美津子市長は「パトリオット配備については反対」と主張を変えていないようである意味立派です(^^;

この市長さんについてはよく知りませんが、抑止力としての軍備も理解せず、攻撃されても戦うくらいなら死んだ方がマシという己の思想の崇高さに酔うあまり、他の人を危険に巻き込むことにまるで配慮の及ばない方々には恐れ入ります。たとえば、ここ(OKWave。リンクは「教えてgoo」)を見て下さい。「日本はいつになったら自分の防衛を本気で考えるのでそうか?」の質問に寄せられた回答のNo.3、4、10、12(No.10と12は同じ回答者)の方がそうですね。

結局こういう人達は、発想の根元が「個人主義」であって、自分のコトしか考えていないのではないかなと思ってしまいます。自分の親兄弟や家族、子供がそのような目にあっても果たしてその意志を貫けるかどうか(貫けたら大したものですが)、その覚悟があるのか聞いてみたいものです。


<追記>
上記でリンクを貼った「教えてgoo」の質問は削除されてしまったようです(苦笑)
「日本が先に弾道ミサイルで煽るからいけない」とか「不戦の誓いで反撃せず死ぬ方がマシです」とか、なかなか見物だったんですけどね。

このエントリーに何か感じるところがありましたら、クリックお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/59-1dd479e6

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。