「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 今週の「日本列島プチ改造論」はおもしろいTOP > 日本についての豆知識 > title - 今週の「日本列島プチ改造論」はおもしろい

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の「日本列島プチ改造論」はおもしろい   

1940年の反軍演説の続きを書く予定でしたが、ちょっと脱線します。

毎週木曜日更新の「日本列島プチ改造論」というネット上のエッセイがあるのですが、今日の更新はおもしろくって、ちょっと紹介しておきたいたいなぁと思いましたので。

このエッセイはのちに書籍化される予定だそうでして、バックナンバーは掲載後3週間経過するとネットで読めなくなってしまいますから、早めに触れておきたかったというのもあります。


で、おもしろかったというのは「いっぱい勉強すりゃいいってもんじゃない」というタイトルで書かれた、日本の学力低下を嘆く論調への皮肉です。

このコラムでは久しぶりにマッツァリーノ節が*出ていておもしろい。短いコラムですからすぐに読めますので、引用などはしません。リンク先へ行ってお読み下さいませ。

*パオロ・マッツァリーノ このコラムの著者

なお、コラムの中で触れられているOECD(経済協力開発機構)の生徒の学習到達度調査(略称PISA)のデータは、OECD、PISAで検索するとすぐに見つかります。


余談ですが、昨日久しぶりに書店に寄ったらパオロ・マッツァリーノ氏の「つっこみ力」が目に入ったので購入。いつか買おうと思っていたので。

4480063471 つっこみ力 ちくま新書 645
パオロ・マッツァリーノ
筑摩書房 2007-02-06

by G-Tools

同じパオロ・マッツァリーノ氏の「反社会学講座」は以前にも紹介しましたが、こちらも強くお薦めできる本です。

4480423567 反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1)
パオロ・マッツァリーノ
筑摩書房 2007-07

by G-Tools

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

こんにちわ

はじめまして。
パオロ・マッツァリーノ さん大好きです。
カレ(?)の若者論とかなかなかです。

コメントありがとうございます

■ろーりんぐそばっとさん

はじめまして。

歴史関係の本については偏向しないように特定の執筆者のファンにはならないように意識していますが、それ以外のジャンルでは好きな著者はいます。
そのなかでもマッツァリーノ氏は私も大好きですね。
自分もああいう文章を書けるようになりたい(笑)

さっそく「つっこみ力」と「反社会学講座」を読んでみました。
なかなか愉快に読めたと思います。今後も著者にはいろんな「学説・定説・風説」に「つっこみ」を入れていただきたいものです。

■Dienさん

もう2冊とも読まれたのですか?早いですね^^

マッツァリーノ氏のつっこみは、分かっていてわざと(パロディとして)やっている部分があってそれがおもしろいのですが、そのまま鵜呑みにするわけにもいかないんですよね。
でも、楽しく読めるしいろんな視点があることに気付かせてくれるので好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/589-3f4e9736

どのサイトにも統合意識がないからネットに収束出来ない

>「人々」とは、つまり、「みんな」。 人類的課題=社会的課題(期待)へと収束してゆくのは必然のこと! だから、「社会統合という課題や期待や評価の共認」を母胎として成立する人々のまつり場こそが、統合サイトとなる! >msg:180508 今、皆が抱えているのは

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。