「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 日本軍と覚醒剤TOP > 歴史認識 > title - 日本軍と覚醒剤

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本軍と覚醒剤   

ちょっと、おどろおどろしいタイトルですが・・・。前々回のエントリーで、日本軍が覚醒剤を使用していたと書きましたが、もう少し調べてみましたのでメモしておこうと思います。

軍が使用していた覚醒剤は、「突撃錠」や「猫目錠」と呼ばれていたようで、覚醒剤に玉露の粉末を混ぜて錠剤にしたものだそうです。

死への恐怖心を抑えるために、出撃前の特攻隊員に服用させたというような記述を時折見かけますが、他のパイロットや夜間の見張りに立つ歩哨などにも支給されていたとか。


hiropon1
現代の感覚で、旧日本軍が覚醒剤を使用していたと聞くと、「なんてことを・・・」となりそうですが、これは大日本製薬(現在の大日本住友製薬)が商品名「ヒロポン」で販売していたもので、当時は誰でも薬局に行けば入手できるものだったそうです。

他にも武田薬品工業から商品名「ゼドリン」という覚醒剤も出されていたようですが、シェアは「ヒロポン」の方が上だったようです。

つまり、当時の覚醒剤は違法でもなんでもなく、普通に疲労防止・回復薬として商品化され販売されていたんですね。

zedrin1
雑誌や新聞の広告にも出ていましたし、現代の栄養ドリンクみたいな感覚だったのでしょうか?

(私も最近は仕事前のリポビタンDが欠かせないが・・・(苦笑))



hiropon-dainipponhiropon-dainippon2 hiropon3   


戦後、軍が保有していたヒロポンが市中に流れ、いわゆる覚醒剤中毒の弊害が明らかになってきたため、昭和26年(1951)になって、「覚醒剤取締法」が制定されたとか。
ただ、下火になるまではかなりの時間を要したようです。

民間の工場などでも使用されていたとのことですし、サザエさんの漫画の中に、子供(ワカメちゃん?)がヒロポンでラリってしまった話がでてくるくらいですから(↓)、覚醒剤は身近なものだったのでしょうね。 

hiropon-sazae 






(左画像クリックで掲載先リンクへ)





「死への恐怖心を抑えるために、出撃前の特攻隊員に服用させた」という記述を見かける一方で、機体故障などで引き返して生き残った特攻隊員達の証言の中に覚醒剤についての話題があまり見られないのは、あまりに身近なものだったからなのかも知れません。

もちろん、私がそういう証言をまだ目にしていないだけかも知れませんが、「覚醒剤を使ってまで特攻させた」という批判は、的外れな気がしないでもありません。

もっとも、特攻そのものが非人道的なことにはかわりありませんが。。。


■参考リンク

覚醒剤「ヒロポン」の時代  二〇世紀ひみつ基地
七十代万歳! : ヒロポン(覚せい剤)を飲んで、子供が防空壕を掘った話。
七十代万歳! : ヒロポンを飲んで防空壕を掘った話の解説
ヒロポン - 知泉Wiki
War Birds Q&A
おくすり博物館
昔の広告 (53) 昭和18年
昔の広告 (56) 昭和18年
ヒロポン (webやぎの目)

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

ワカメちゃん(●^ω^●)危ない女の子・・・
よく葉っぱとか吸ってると興奮剤みたいに寝ないでも平気みたいですけどね。

ご無沙汰しています。
私も日本軍が戦場で薬物がどのように使ったかを少し調べたことがあります。仰る通り、戦前から戦後しばらくは、アンフェタミンやメンタンフェタミンは禁止薬物ではなく、今で言う滋養強壮薬の感覚で使用されていますが、軍部ではこれら薬物の作用を正しく理解したようで、「軍部は特攻作戦に覚醒剤を活用した」ということは成り立つのではないかと考えています。

この点についてはもう少し調べて見たいと思っているのですが、実は先週からアメリカに滞在していて、休日ごとに本屋などを回ってアメリカ側から見た太平洋戦争を調べて見たいと考えています。今「硫黄島物」は旬のようで、いろいろな本が出ています。「硫黄島からの手紙」の原作の翻訳版も出版されていました。また先日CATVのHistory Channelで真珠湾から東京初空襲までの空母エンタープライズの戦いぶりを紹介していました。

■さきさん

>危ない女の子・・・

間違って飲んだらああなっちゃった、ってオチみたいですよ(^^;
よくよくみると、ワカメちゃんカットの女の子というだけで、ワカメちゃんじゃないかもしれないです~。

>寝ないでも平気みたいですけどね。

肉体的に疲労がとれるわけでもなく、神経がやられるからそう感じるのでしょうね。


■o_sole_mioさん

>軍部ではこれら薬物の作用を正しく理解したようで、「軍部は特攻作戦に覚醒剤を活用した」ということは成り立つ・・・

なるほど。薬物を用いずとも軍は精神主義に走っていましたから、軍隊経歴も短い若い特攻隊員たちの心の葛藤を押さえる効果も期待された可能性もありますね。
このあたりは、目的等を明記した指示文書などがあればハッキリするのでしょうが・・・なにか参考になる話を思い出されたらまた教えてください。

ただ、それでも人によって解釈は分かれる可能性もありますし(集団自決の、手榴弾を手渡すという行為の様に)、支給した側とされた側の証言も集めてみたいところが・・・本文中にも書いたとおり、元隊員の証言で覚醒剤の話をまだ目にしたことがなく、また、もちろん特攻死した方の証言は得られませんし、また生き残った方にも「語りたくない」という人もおられますし・・・いずれにしても、はっきりした答えは出ないような気もします。

>実は先週からアメリカに滞在していて・・・

o_sole_mioさんのblogは欠かさず拝読しておりますが、最近コメントも差し上げず、愛想無くてすみません・・・。

>今「硫黄島物」は旬のようで・・・

ネットでも米側の資料は豊富にあって(当時の艦船毎に公式サイトや戦友会サイトがあったり)、時々参考にしていますが、「旬」の情報は現地ならではですね^^

真珠湾とフィリピンの航空隊をたった1日で壊滅させられてから、日本に一矢報いるドゥーリットル空襲(東京初空襲)までは、アメリカにとってあの大戦のストーリーの一区切りと言えそうですね。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

あのころは皆飲んでて  新橋でも
大坂 神戸も船橋もすごかった メチルアルコール かすり
マキ煙草 闇市 ヤミ米  荻窪すごかったし
新宿はヒロポンだらけ
浅草がすごかった

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/565-2ef5df3b

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。