「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 映画「TOKKO -特攻-」のDVDTOP > 特攻・特別攻撃隊 > title - 映画「TOKKO -特攻-」のDVD

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「TOKKO -特攻-」のDVD   

51nYziXkjxL._SL160_

また映画の話なんですが・・・

最近、「TOKKO」「特攻」で検索して当ブログへアクセスする人が妙に増えたなぁと思っていたのですが、昨夏公開されたドキュメンタリー映画「TOKKO -特攻-」が昨月末にDVD化されて発売されていたからのようです。

映画を見た人の感想をチェックしてから購入を決めようということかな?

しかも"TOKKO 特攻"でGoogle検索すると当ブログが三番目にヒットするし。
 


さらに、たまたま見つけたのですが、昨秋に公開が終了したこの映画、静岡県清水市の清水映画祭で、4月26日(土)から30日(水)にかけて上映されるようです。
清水映画祭公式サイトへ)

清水映画祭の上映スケジュールはこちら。「TOKKO -特攻-」はC会場(JR清水駅西口 夢町座)です。
昨年見逃した方は、よい機会かも知れませんね。
他にも戦争関係では「陸に上がった軍艦」という映画も上映されるようです。


この映画「TOKKO -特攻-」は、元特攻兵を叔父に持つ日系アメリカ人リサ・モリモト監督が制作したドキュメンタリー映画です。もともと、海外向けに作られた映画です。 (原題:Wings of Defeat )

この映画のキャッチコピーは、『生きたかったよ 死にたくはなかったよ
(→ 公式サイトがまだ残っていました)

元特攻兵、及び特攻を受けた米艦艇に搭乗していた元米兵へのインタビューと当時の映像で構成されています。

特攻はアメリカでは狂信的なイメージが強かったようで、元特攻隊員の本音を伝えることによって、それを覆したかったのだとか。この映画はアメリカでは高い評価を受けたと伝えられていました。

昨夏日本で公開されたときは私も見に行き、いくつかエントリーを書きましたので下記にリンクしておきます。

映画「TOKKO-特攻-」
    ※引用した紹介文の中に、「片道分の燃料だけを積んで飛び立った」とありますが、特攻全体がそうであったわけではないようです。

映画「TOKKO-特攻-」 を見てきました・・・

映画「TOKKO-特攻-」 に関連して


「TOKKO -特攻-」予告編(1:18)


その他、特攻についてはずいぶん色々とエントリーを書きましたので、関心のある方は「特攻・特別攻撃隊」カテゴリーへどうぞ。

TOKKO-特攻- TOKKO-特攻-
ドキュメンタリー映画 リサ・モリモト


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 


スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

おひさしぶりです(´∀`)
この映画で寝てしまったのを覚えています。笑

■saki さん

おひさしぶりです。元気でしたか?
sakiさんのYahooのブログがなくなってしまったので、どうしているかなと思っていました^^;

確かに、ドキュメンタリー映画ですから、盛り上がげるような演出はありませんでしたね。でも元特攻隊員と元米兵の生の声は貴重な証言だと思います。元特攻隊員といっても、人によって意見は様々ですし、色々な声に耳を傾けたいと思っています。

特攻のことも時々書いていますし、また、気軽に書き込んで下さいねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/550-6cad318e

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。