「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 特攻隊員が遺書を書いたとき・・・TOP > 特攻・特別攻撃隊 > title - 特攻隊員が遺書を書いたとき・・・

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特攻隊員が遺書を書いたとき・・・   

久々に特攻関連のことを。

今までも何回も紹介してきた元特攻隊員・永末千里氏のブログ「老兵の繰り言」について、今回も触れておこうと思います。


永末氏は、当時の写真とともに、特攻隊員であった当時の思い出話を、毎日連載形式でブログ更新を続けておられます。



1回のエントリーは比較的短い文章ながらも、特攻で亡くなった戦友のためにも、と、当時のことを綴り続けている氏の熱意にはいつも心を動かされます。

そして昨年末あたりからは、永末氏が遺書を書いたときの話に移ってきました。

後は命日を待つばかりです - 老兵の繰り言


特攻隊員の遺書などは、知覧特攻平和会館をはじめさまざまな所で、またネット上でも取り上げているサイトがいくつもありますから、現代では比較的誰もが目にしやすい環境になっていると思います。

でも、その遺書を、特攻隊員達はどのような心境で書いたのかは、誰にもわからないと思います。

遺書の文章の裏に隠された彼らの本心は、彼らにしかわからない・・・それを読む我々は、決して遺書の文面を字義通りに受け取ってはいけないと思っています。

これはいままで特攻について色々調べてきた私の実感であり、遺書の行間を読むことができなかったかつての自分への強い反省でもあります。

彼らが遺書を書いたのはどのような状況だったのか、遺書を目にした方なら是非知っておいて欲しいと思います。

後始末をするのは見ず知らずの他の兵科の連中です。親や兄弟だけが読むの
ではなく、他人の目に触れるとなれば、 本心をそのまま書くわけにはいかないのです。


そこには意外にも現代の若者と変わらないような友人との会話と、それでも家族へさえも本心を伝える術のない厳しい現実が記されていると思います。

遺書は書いたのか? - 老兵の繰り言


便利な現代と違って、メールもなければ、電話も普及していないあの時代、そして検閲があった時代に、両親や家族へ別れを告げるだけでもどんな苦労があったのか・・・。

今年のお盆には帰れます - 老兵の繰り言


さらに、「遺書を書くとせっかくの(特攻の)決心がにぶりそう・・・」と遺書を書かなかった(書けなかった)隊員もいたことや、我々が目にすることのできる遺書は、下士官よりも士官のものの方が多いと言うことにも留意が必要かと思います。

海軍では、士官に対しては人格を認め、文通など自主的判断に任されていました。
だから、遺書や遺稿など、 下士官兵に比較して多数残されています。

(露見した私が不運でした - 老兵の繰り言)


いろいろと元特攻隊員達の手記などを目にしてきた今の私には、

-「特攻は犬死にだった」、「遺書は書かされたものだ」という、左寄りの主張も、
-「自らの命を顧みず、純粋に国を愛する気持ちで散華した」という、右寄りの主張も、

どちらも「死人に口なし」をいいことに、それぞれのイデオロギーのために彼らの死を利用しているような気さえしてしまっています。

(もちろん、本人達はそのようなつもりはないのでしょうが、結果的に「利用」していることになっている気がする、ということです。念のため)

特攻作戦の責任者達は、「隊員達が志願した」という話を戦後広めることによって責任回避を図ったという話さえあります。
(本当に特攻隊に志願した人達も、もちろん多くいますが)

人によって色々な捉え方があるので、他の方の意見を否定したりするつもりはまったくありませんが、特攻について何かを語るのなら、ぜひ、元特攻隊員達のさまざまな手記などに目を通しておくことをお薦めしたいと思います。


■関連過去エントリー

元特攻隊員の語る特攻精神基盤

元特攻隊員の語る特攻精神基盤-2

特攻隊員選抜の両論

大西瀧治郎中将は本当に「特攻の発案者」か?

ある元特攻隊員の回想

ある元特攻隊員の回想-2

ある元特攻隊員の回想-3

ある元特攻隊員の回想-4

特攻隊員の葛藤

特攻機「桜花」パイロットに志願した人の証言

「学徒兵 許されざる帰還」を見ました

『特攻 最後の証言』より -本当は人道的な兵器だった人間魚雷 回天

・・・・その他の特攻関連の過去エントリーは、「神風・特攻」カテゴリーへどうぞ。



スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/503-5d45de54

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。