「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 2008年初エントリ & クイズ♪TOP > 雑記・つぶやき > title - 2008年初エントリ & クイズ♪

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年初エントリ & クイズ♪   

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、正月休みの暇をもてあましている方(失礼)のために、ひとつクイズなどを。


 
A K 45

片面に数字、もう片面にはローマ字の書かれているカードが4枚あります。

そして、「もし、カードの片面にローマ字の母音が書いてあれば、その裏面の数字は偶数である」というルールがあるとします。

ここにある4枚のカードで、このルールが成立しているかどうかをたしかめてみようと思います。
そのためには、最小限どのカードをめくってみればよいでしょうか?

カードは何枚めくってもよいのですが、できるだけ少ない枚数をめくってルールを確認して下さい。


簡単そうな問題ですが、あなたが出したその答え、本当にそれでよいかどうか、よ~く考えてみて下さいね。

注:正解しても賞品はでません^^;

----------


この問題は、前回紹介した「超常現象をなぜ信じるのか―思い込みを生む「体験」のあやうさ」の中にありました。一見簡単そうに見えて、人間の「思考の癖・バイアス」が如実にあらわれる問題でもあります。

この「思考の癖」は、歴史問題を勉強するときも、社会問題・政治問題を考えるときも、またメディアリテラシーにしても、相当に大きな影響があると思いますので、知っておいて損はないと思います。

解答と解説については後日あらためて・・・


■参考書籍

超常現象をなぜ信じるのか―思い込みを生む「体験」のあやうさ (ブルーバックス)
超常現象をなぜ信じるのか―思い込みを生む「体験」のあやうさ (ブルーバックス)菊池 聡

おすすめ平均
stars文系、理系の枠を超えて是非一読を
stars認知心理学の凄さと限界
stars超常現象を例に論理学をわかりやすく説明した渾身の一冊
stars懐疑論の基礎教養「誤信の認知心理学」における最高の入門書
stars体験はいつも正しいわけではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



以前に読んだこの本(↓)の159ページにも同じ問題が出ていました。

賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか
賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのかGary Belsky Thomas Gilovich 鬼沢 忍


おすすめ平均 star
star読みにくいけどすばらしい本です
star楽しく読めました
star地味な内容ですが、役立ちます。
star気軽に読める行動経済学入門
star面白かった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/500-11842a29

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。