「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 日本の占領統治とインドネシアTOP > 日本近代史(戦争) > title - 日本の占領統治とインドネシア

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の占領統治とインドネシア   

nanpou

一旦、南京事件から離れて、その前に書いていた下記エントリーの続編を書こうと思います。

(1)大東亜戦争・・・自衛のため?アジア解放のため?
(2)昨日のエントリーの補足・昭和初期の軍事費について
(3)日本が行った戦争は、アジア諸国の独立に役立ったか

で、前回、御前会議で「帝国領土とする」と決定されたのは(マライ、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、セレベス)は右図のような地域です、と地図を載せましたが、現在の国名を書いていませんでした・・・。気がきかなくてすみません<(_ _)>


地図でも示した「帝国領土とする」とされた地域は、現在はインドネシアマレーシアシンガポールですね。

ところで、以前から何度も書いていますが、私は学生時代は歴史が苦手で、授業中は教科書への落書きに専念しておりました(^O^;)
(だって、歴史教科書って、落書きの素材に最適な人物の肖像画や写真が豊富だし(笑))

そんな歴史に無知な私が、2年ほど前にネットで、「インドネシア独立のために戦った日本人がいた」という話を読み、下のような動画を見て感動していたこともあった訳ですが、 日本の国策としては、「帝国領土とする」と、まったく逆だったというわけで・・・。

 

「インドネシア独立に情熱を傾けた日本人」

当時の主要な産油地域はアメリカとインドネシアだったそうで(中東は現代とは比較にならないほど少なかったらしい)、アメリカから石油の輸出を止められた日本にとっては、インドネシアはどうしてもおさえておく必要がある地域だったようです。

宗主国だったオランダを日本軍はあっという間にやっつけ(オランダ本国はすでにナチス・ドイツに占領されていたので手が回らなかったのかも知れません)、当初は結構歓迎もされていたようですが、日本の軍政下では、現地の人達の反感も相当買ってしまったようです。

当ブログの別館(近代日本動画資料室)で紹介したこの動画の中には、次のようなあるインドネシア人の回想がありました。

日本の占領が始まった頃、日本はインドネシアに対して「兄」のような親密な態度を見せていました。 しかし、新聞に日本軍勝利の記事が少なくなるにつれ、日本は「弟」の私たちインドネシアにむけて苛立ちを爆発させるようになりました。「バカヤロー」とビンタが頻繁に飛び出すようになり、憲兵隊は傍若無人になっていったのです。
主人である日本がバカヤローの原住民を監視しなければならないという態度に変わっていきました。


また、「私の好きなインドネシア」というサイトの中には、インドネシアで使われている高校用歴史教科書の日本占領統治時代の章が紹介されています。
  ↓
・「インドネシア歴史教科書「日本軍占領時代

転載は控えさせていただきますが、日本の占領について、「インドネシア独立への準備促進」という面に触れながらも、「日本による占領時代は、インドネシア史上最悪の時代」と、相当に手厳しいようです。約340年のオランダ植民地時代よりも、4年弱の日本統治時代の方が酷かったと・・・。
その教科書の内容は日本語に訳されています。
  ↓
・「日本占領時代におけるインドネシアの社会生活


・・・やはり、歴史を学ぶ順番としては、「日本の国策としてインドネシアを大日本帝国領土としようとした」ことが先にあるべきでしょうね。

終戦後「一部の日本兵が独断でインドネシア独立のためにともに戦った」ということばかりを強調して、「日本人として誇りを持てる教育を!」というのは、今の私にはやはり違和感が感じられます。

日本人として誇りを持つ教育をするのなら、過去の苦い歴史も真摯に見つめて反省し、新しい日本として生まれ変わったことなのではないか、と・・・。


補足:
1945年の日本の敗戦後、オランダは再び植民地化のためにインドネシアにやってきたわけですが、2005年の独立記念日にそのことについてオランダ外相が謝罪したようです。


■参考サイト

日本のインドネシア占領と独立運動(歴史学者:藤原 彰氏 講演録)

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

インドネシアでは日本軍進駐当初は今村中将が最高責任者でしたから『「兄」のような親密な態度』になった面もあったでしょう。他の占領地域では最初から高圧的だったようですから。
今村中将がラバウルに去り、日本がだんだん余裕がなくなってくるとインドネシアの方々にかまっていられなくなったのでしょうね。
インドネシア独立にともに戦った元日本兵も今村将軍も個人として立派だっただけで、日本という国としてインドネシアに何かできたかといえば、なにもない。
今もそうですが日本という国は一介の個人に頼っている部分がかなりある。良質な個人を国という単位ですくい上げ、悪質な個人を抑制するようなことができれば、過去も未来も、もっと日本としてよいことが(あるいは悪いことをしないように)できるのではないかと思いました。

■グリッティ さん

今村将軍は占領統治のやり方が寛容すぎるとして、転任させられたというのが通説のようですね。大本営の方針にそぐわなかったと言うことなのでしょうね。

>今もそうですが日本という国は・・・

昔と変わっていないと感じる部分は、確かにありますね。
色々な意見がある所でしょうが、私は責任の所在や取り方が曖昧になっているところが、昔のままという気がしてなりません。

インドネシアについては、1974年にも大規模な反日デモ・・・というより暴動もありました。1970年頃までは東南アジアでの反日感情はかなり強かったと聞いています。
首相の靖国参拝についても、ジャカルタ・ポストなどは、「過去の行いを許しはしたが忘れたわけではない」と釘を刺したりしていますから、無邪気にインドネシアは親日国だなどと思いこんでいる人を見ると、却って不安になります(自戒をこめて)
苦い過去を超えて築かれてきた信頼関係を裏切るような真似だけはしたくないものです。

J.Seagullさん

よいお年を

■ddff さん

今年もお世話になりました。
ddffさんに励ましていただいたことで、今もブログを続けることができております。ありがとうございました。

ddffさんも、良いお年を♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/498-fdccc214

[歴史][戦争]日本軍の悪習 初年兵に対する私役やビンタ

言論統制―情報官・鈴木庫三と教育の国防国家 (中公新書)佐藤 卓己 中央公論新社 2004-08売り上げランキング : 59793 Amazonで詳しく見る by G-Tools 「言論統制」を読了。本書では戦後の言論弾圧の代名詞のように語り継がれてきた鈴木庫三(すずき くらぞう)少佐について、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。