「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 東国原知事の「徴兵制」発言で思ったことTOP > メディアリテラシー > title - 東国原知事の「徴兵制」発言で思ったこと

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国原知事の「徴兵制」発言で思ったこと   

仕事が忙しくてなかなかブログを更新できない間にも、世の中いろんなニュースが流れておりますが、ネタとして取り上げてみたかったのが、東国原宮崎県知事の「徴兵制あってしかるべき」発言。

ちょいと出遅れましたが、私なりにツッコミを入れてみたいと思います♪

この発言の主旨は、

「若者には道徳や倫理観などが欠けていて、それが社会のモラルハザードなどにつながっている気がする」

から、
「若者が訓練や規則正しいルールにのっとった生活を送る時期(つまり徴兵して自衛隊で過ごす時期)があった方がいい」

ってなコトらしいんですけどね・・・・


「社会のモラルハザード」っておっしゃいますけど、現代社会でモラルが一番欠けているのは、今の若者じゃなくって、各種の不正や偽装事件を引き起こしている中高年以上の世代なんじゃないのかなぁ?

だって、各種の偽装問題や不正をしているのは、実社会ではまだまだ下っ端の若者じゃなくて、権力があり責任も重いはずの年代の経営層や政治家や官僚ばっかりじゃん。

それに、戦後一番凶悪犯罪率が多いのは、「昭和35年頃に少年だった人達」みたいだしぃ(笑)

l2g2 












左のグラフは、パオロ・マッツァリーノ さんの反社会学講座第2回「キレやすいのは誰だ」からお借りしました。




この世代の人たちが歳喰って、人の上に立つようになって、権力を手にすると不正を働き、バレたらパートや社員のせいにしてるんじゃないのかなぁ?
これをモラルの欠如と言わずして何というのでしょ?

「駅員への暴力事件多発」ってニュースもよく見るけど、やっぱり多いのはこのへんの世代ですよねぇ(笑)

ekiin-bouryoku.jpg
※社団法人日本民営鉄道協会 「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について」より


若者たちのモラルを心配するよりも、そもそも、いま起きている社会問題を引き起こしていて対策をとして考えなきゃいけないのは、どの世代なのか考えたらいかがでしょーか?w

将来のために若者を今のうちから「どげんかせんと」というのもアリかもしれないけど、でもやっぱり、いますぐ「どげんかせんといかん」のは中高年の親父達かとw。

徴兵でモラルがアップすると思うなら、この世代をを徴兵すれば?(笑)

え?年寄りを徴兵して使い物になるか!って?

東国原知事が言った徴兵は、国家安全保障のための徴兵じゃなくって、モラル向上のための徴兵でしょ?

それなら、有事の際に役に立たない年代だって、「でもそんなの関係ねぇ!」w


(今日のエントリーはいつもと違ってちょっと毒入ってますな(笑))



ここからは少しまじめに書きますが・・・時代と共に変化する価値観についていけない年寄りたちが「今の若いモンは・・・」というのは古代エジプト時代、つまり、いまから5000年も前からのことといわれていますよね。
そう、親父達の若者を嘆く声なんてのは、実はたいした問題ではないのですよ。(社会問題を引き起こすほど酷くないかぎりは)

最近思うのですが、ひょっとしたら、現代の日本の青少年は世界的にもかなり健全な方のかもしれませんよ?(まだちゃんと調べてないけど)

まぁ、東国原知事も本気で徴兵制を考えているわけではないでしょうが、「若者のモラルが低下しているから」などと言う今回の例のように、根拠もデータも示さない政治家個人の主観で、変な政策を考えたり税金を投入するのは止めて欲しいものですな。

というのも、メディアが煽っただけで実は大したことない社会問題への対策として投入される税金のムダ遣いが実は少なくないそうですから。 (まぁ「ムダ」は「経済効果」と言い換えることもできるそうですがw。)

例えば少子化問題だって、「少子化は問題!」でなければ困る、あるいは得する、または自分たちの失態への責任追及をそらすのに利用する人達がいるから、「大変だぁ、大問題だぁ」って叫んでいるだけかも知れませんよ。

この様な事例は、メディアリテラシーを勉強しているとよく出てきます。

政治家たちには、「その政策の元となっている社会問題って本当に根拠があるの?本当に問題なの?」って真剣に考えて欲しいです。政治家こそメディアリテラシーを身につけるべきですよ。(と、エラそうに言ってみる(笑))



418 yPW zgL
ところで気がつけば今年ももう師走。クリスマスの季節でもありますな。

どなたか東国原知事へのクリスマスプレゼントとして、以前のエントリーでも紹介した戦前の少年犯罪って本を贈って差し上げてくれませんか? (^^)

「犯罪」と「モラル」は別モノだけど、以前に比べて日本の社会が改善された例の一つとして参考になるでしょう。過度に悲観する必要なんてないですよ。




han-syakaigaku

私からは、パオロ・マッツァリーノ さんの『反社会学講座』を贈ろうかな? こっちの本の方が安いし(笑)

この本は、しばらく前から拙ブログの左側に「おすすめの本」としてのせていますけど、メディアリテラシー、社会学のホントしては超オススメです!
(今回のエントリーも、一部この本を参考にしています。)

なにより面白くて笑えてタメになる本です。 本でこんなに笑えたのは久しぶりでした。 読むのに夢中で電車を乗り越すこと2回、ついニヤニヤしてしまい他の乗客の冷たい視線を感じること○回(^^;

年金問題などは読んでいて本当に立腹するような内容なのに、それでも笑わされてしまい、まるで竹中直人の往年の名人芸「笑いながら怒る人」のようにw

この本は、いつか改めて紹介する予定です・・・・あくまでも予定だけどw



余談ですが、ワタクシかつて3度ほど自衛隊に体験入隊した経験があります。みずから好きこのんで体験入隊したわけではないんですけどね。まぁ、私のモラルはフツーだと思います(笑)
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

お久しぶりです。

非常に的確な記事でなるほどと感心させられました。
世の風潮で言われていることが真実のような気がするのは、錯覚ですからね。
マスコミの誘導でどちらにも転ぶのが世論ですし、「少年の凶悪犯罪!」みたいな報道すれば、そんな風に感じさせることができるが、実際は…

感覚はあてになりません。

若者のモラル低下を口にする、モラルの低い中高年がうちの職場にもいます(泣)

お久しぶりです。若者に対して「徴兵制あってしかるべき」って言ってますが、モラルの低下は若者だけの問題ではないと思います。中高年の人もモラルの低下が目立っているように思います。あと、徴兵制は嫌です。

コメントありがとうございます

■グリッティさん

>感覚はあてになりません。

おっしゃるとおりだと思います。
でもこのエントリーも私の感覚で書いているので的確かどうかはわかりませんよ~(笑)
そもそも、モラルが高い/低いって、明確な基準がないですよね。
たとえば電車の中で携帯で話すのは、明らかに他人の睡眠や読書や楽しい妄想(?)の邪魔になるので迷惑だからモラルが低いと言えると思いますが、電車内での化粧は、モラルが低いって言えるのかどうか・・・。見る人の価値観から不快に思う人も沢山いるでしょうが、私は案外気にならなかったりします(^^;
電車の中でマスカラをつけている女性を観察してて、「ここで電車が揺れるとまぶたにくっつきそう・・」って思っていたら、ホントにそうなって吹き出しそうになったり(^^;


■ふうらいにん さん

>モラルの低下は若者だけの問題ではないと思います。

そうですよね。若者はいつの時代も上の世代から叩かれる運命にあるようです・・・。
このエントリーでちょっと言ってみたかったことは、中高年のモラルが下がっているのではなく、もともとモラルの低い世代が、その年齢に達しただけかも?ってことでして。まぁ、様々なあらゆる可能性を考えたり調べてみるのが、メディアリテラシーになると思います。

徴兵制ですけど、日本では今後はまずあり得ないと思いますよ~。

明治時代に徴兵制が始まったときも、相当な反発や社会の混乱が起こったようですし。
徴兵の心構えとして配った冊子に「血税」という言葉があって、それが元で「血税一揆」なるものがが発生したそうです。
今では普通に「血税」って使いますが、当時の日本では初めて使われた言葉らしく、「徴兵されると生き血を抜かれて染め物やワインの色づけに使われる!」という誤解も発生したとか(^^;
それはともかく、働き盛りの若者が家庭から奪われること、当時の明治政府への不満や怒りが徴兵をきっかけに爆発したというのが実態のようですけどね。

血税一揆 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E7%A8%8E%E4%B8%80%E6%8F%86

通りすがりでスミマセン

戦後の日本がよくわかるフラッシュを見つけました
http://f45.aaa.livedoor.jp/%7Ecrazy/yamato/yamato1.htm
http://f45.aaa.livedoor.jp/%7Ecrazy/yamato/yamato2.htm
http://f45.aaa.livedoor.jp/%7Ecrazy/yamato/yamato3.htm
http://kandou-ch.com/sensou/s_08.htm

■kokoさんへ
(お名前は他にもあるようですが(^^;)

感動的なフラッシュのご紹介ありがとうございます。大変良くできているフラッシュだと思います



って、1年以上前の私だったら言うかもしれませんが、残念ながら、今はこれらのフラッシュには共感できませんなぁ。作成した方もあの内容を心底信じて一生懸命つくられたのでしょうが、今はこの内容に感動するほどウブではございません(^^ゞ
これらのフラッシュを人に紹介したくなるお気持ちもよくわかるんですけどね・・・。
kokoさんも、多くの人に見て欲しいと願って紹介されたのでしょうが、私から見たら、これらのフラッシュは、もうツッコミどころ満載でございます(^^;

他では「洗脳を解くのに有効だと思います」とか書かれていますけど、歴史をよくご存じでない人達を「洗脳するのに有効だと思います」の間違いではないかと(^o^;;;;;

「今まで左翼に洗脳されていた」と思うこと自体が「右翼に洗脳されている」ということかもしれないことに早く気づいてね♪。
あ、念のために言っておきますが、私、左翼ではありませんので~。

※別館にいただいたコメントはコピペなんで削除させていただきました。あしからず・・・

 東国原知事の発言は、「モラル?あんたに言われたくはない!」
 とは思いますが、彼はどうせ傀儡でしょうから、どういう人達に担ぎ出されて、何を言わせたいかの興味があります。
 「トゥルース・エクスプローラ」ゴッコでしょうか(´∀`*)ウフフ

 少年犯罪のグラフは、何度見ても毎回いろんな事に気が付きます。
 日本の再独立辺り以降に生まれた人から、一気に率が下がっているんですね。
 20年~27年のデータは当てにはなりませんが、寧ろ実態はそれ以降のピークに近いのじゃ無いかとも推測します。
 逆に言うと戦中、占領中生まれがピークに見えますね。
 まあ分析したわけでは無いですが、強いて言えば「少年」の殆どが「生活の為に勤労」していた時代と「生徒・学生」である時代の差もあるのかも知れません。
 僭越ですが
>この世代の人たちが歳喰って、人の上に立つようになって、権力を手にすると不正を働き、バレたらパートや社員のせいにしてるんじゃないのかなぁ?
 言われる不正と言うより犯罪をはたらく連中は、到底許すことは出来ませんが、その親分達だけ見ても年齢には開きがあり、「この世代」で一括りにするのは、如何なものかと思います。
 今の日本を再興(特に経済的に)してきたのも「この世代」であることは間違いないでしょう。
 
 また、凶悪犯=モラルの欠如とは言い難いとも思います。
 「モラル」とは「秩序・道徳」であって、これは「価値観」に大きく左右されます。現代の親爺共(私も入るかな?)が少年の頃に見らい、教わったりした「モラル」を基準に現代の若者を見ると明らかに違います。
 女子中・高生のスカートは、「猥褻物陳列罪」以外の何者でもないと思いますし、ジベタリアン等は品性のかけらも見られません。
 あくまで、私の身に染み込んだ「モラル」感ではありますが。
 「徴兵」はともかく今の学校の「校則」と「違反対処の甘さ」は修正すべき物だと考えます。
 偉そうなことごちゃごちゃ書いて申し訳ないです。 

■tonoさんへ

コメントありがとうございます。

実はこのエントリー(特に前半部分)、書いている本人も「ちょっと無理があるよなぁ」ってわかっていながら書いています(^^ゞ それゆえ、いつもとちょっと違って、おちゃらけモードなんですぅ。

言いたかったのは、若い人がいつも上から色眼鏡で見られるのは普遍であることと、そして、政治家・官僚の主観や、マスコミが煽った根拠不明の世論を受けた無意味な政策などで税金が使われる事例が少なくなさそうってことでございます。

でも、たしかにジベタリアンは私もちょっと引きますね(^^;

>女子中・高生のスカートは、「猥褻物陳列罪」以外の何者でもないと思います

tonoさんはお堅いですなぁ(^^)
tonoさんが江戸時代に行くと卒倒するかもしれませんぞ(^^;
庭先で裸で行水するご婦人も普通、銭湯は混浴だらけだったって話もあります。暑い時期には、銭湯からすっぽんぽんのまま自宅に帰る人もいたとか・・・。
海女さんも今はウェットスーツを着ていますが、大正のころまでは上半身裸です。そういう写真も結構残っていますし。

「いやいや、丸出しよりも、あの見えそうで見えないスカートのほうがよっぽど、(以下自粛w)」

しつれいしました~ <(_ _)>

私もこのニュースをみたときに
とある掲示板に同じような内容を書きました。
モラルの欠如は大人でしょうと。

それ以前にこの知事は若い頃はとても規律ただしい生活してたとは
思えないのに自分のことを棚にあげこういうことがいえる
神経はなんなのだろうとあきれます。

発言を聞く限り東国原知事には科学的思考力、検証力がない
ことだけははっきりしてる気がします。
そういう人でも早稲田には入れるようですね。

煽られた無駄というとミサイル防衛というのがありますが
世間はあれについてどう考えてるのでしょう?

はじめまして。なるほどと思わされる事の多々ある記事です。
若者のモラル低下についてですが、
・自分と身内以外を省みない若者の増加
・年配者を敬わない若者の増加
・自立出来ない若者(NEET)の増加
これらについてはいかがお考えなのでしょうか。

単に例として挙げられただけかもしれませんが、少子化問題について。
国民が減れば市場の縮小ひいてはGDPの減少に繋がっていき、それは政治力の低下にも繋がっていくと思うのですが、いかがでしょう?

■FXさん

>発言を聞く限り東国原知事には科学的思考力、検証力がない

東国原知事に限らず、まぁ人間なんてだいたいこんなもんだと思います♪


■JANさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

>これらについてはいかがお考えなのでしょうか。

挙げられた3点とも「増加」とされていますが、具体的なデータとかご存じでしょうか?JANさんの主観ではないかな?と。
もっとも、最初の2点は統計データの取りようがないでしょうし、ニートについても過去のデータはきっと存在しないでしょうから、最近になって増えたのかどうかはわからないとおもいます。
きっと、誰かがそういう若者がいることに気づいてマスコミなどで煽ったから、「ニートが増えたと感じている人が増えた」ことは間違いないでしょうけど(笑)

要は、そういう若者が増えたかどうかなど、、本当のところは誰もわかってはいないと思うのです。

マスコミや政治家や社会学者などは、若者のモラル低下を嘆いて悲観すると同時に、それで視聴率を稼いだり、適当な政策を訴えて支持を取りつけたり、本を書いて身銭を稼いでいるというのが、おそらく実態だと思いますよ。そう、みんな自分が若かった頃のことはすっかり棚に上げて(笑)

世の中、そんなもんですよ。悲観する必要などありませんって。

少子化だって、悲観することばかりでもなくて、学校では先生の目が行き届くようになって、勉強について行けない子にも目が届くようになったり、いじめ問題や自殺のサインに気づきやすくなるかも知れません狭い日本の住宅事情だって改善されるかも知れません。

GDPが減っても環境にはむしろ良いことかも知れませんし。

「政治力の低下」とは具体的にはよくわかりませんが、永遠に減り続けることも増え続けることもありえないでしょうから、気にすることないですよ♪
むしろ不安を煽ってムダな対策に税金をつぎ込まれることの方が問題だと思います。

データが無い=真実かどうかわからない。データ至上主義とでも言いますか。
客観的に見ればそれは確かにそうですが、主観で明らかに増えているモノを
データが無いからと言ってひょいひょいと見過ごすのも問題じゃないかと思います。
まぁ、確かに自分にはそれらのデータを用意する事は出来ませんし、そうである以上
それを問題視される気も無いのでしょうから、これ位で止めておきます。

つまらぬ事に丁寧にご回答くださりありがとうございました。

■JANさん

別に「データ至上主義」ではありませんよ。
「メディアリテラシーの問題」「インチキ社会学」と言っているわけです。
このブログのテーマの一つでもあります。
マスコミなどに自分が煽られていないかどうかの、客観的なチェックと思考の深さの問題です。
社会の変化に、常に悲観的に考えがちな人間の性質を利用されていないか気をつけた方がよいでしょう
一部の人の主観だけでどれだけムダな税金が使われているか・・・

私が言いたいのはそういうことです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/486-f181ba9d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。