「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 歴史認識とだまし絵TOP > 歴史認識 > title - 歴史認識とだまし絵

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史認識とだまし絵   

そろそろ当ブログメインテーマの歴史問題(特に政治問題化しているもの)のことを書こうと思いますが、その前に・・・。

妙なタイトルをつけましたが、この間、ふと思ったんですよ。否定派/肯定派に分かれている歴史認識問題って、だまし絵と似ているな、と・・・。

たとえば、有名なこの絵(↓)

damashi-e



 



あえて解説する必要もないと思いますが、「若い女性」と「老婆」のどちらにも見えるというものですね。

最初にこの絵を見たとき「若い女性」に見えるか「老婆」に見えるかは、人それぞれでしょうが、「他に何か見えませんか?」と言われて初めて、別の見方があることに気づくわけですね。

慰安婦問題でも南京事件でも、やたら頑固な方をよくお見かけしますが、無理矢理に例えて言うならば、上の絵を「老婆でしかありえない」と思い込んでいるようなものかと。

まぁ、この絵は見慣れればすぐに、どちらにも見えるようになりますけど、思い込みが激しかったり、イデオロギーや信仰(?)が絡んでくると、ますます目にする情報がゆがんでしまう気がします。

それは、下の図形に例えられそうです。(これも有名だと思いますが)

WindowsLiveWriter_650f9e5d78c0_D72F_09_thumb.jpg

おそらく限りなく100%に近い人が、横の線は曲がって見えるでしょう。この絵を初めて見る方の方の為に、一応、答えを書きますが、これ、全部直線なんですよ。にわかには信じられないでしょうが、画面に定規を当てればわかります。(わかっていても、どうしても直線には見えてきませんが(笑))

ずらされて並んでいる正方形のおかげで、直線がゆがんで見えてしまうというものですね。黒い四角を取り去れば紛れもない直線に見える筈なんですが、絵の中の多くを占める「黒い四角」という強い情報によって真実がゆがめられていると。

「日本軍がそんなことをする筈がない」、「日本軍は残虐非道な軍隊としか思えない」というのは、この絵の黒い四角に例えられませんかね?(そもそも思いこみや願望で歴史を見るのは論理的ではないですし)


いろんな視点で見ることの難しさの例えとして、もうひとつの絵を貼っておきます。

下図は、「命」を表している図形です。

図形にしかみえない?

これも有名なので、答え(?)を知っている人もいるでしょう。知っている方は、逆に敢えて別の見方をしようとしてみてください。結構難しくないですか?
(※ 答えは一番下に書いておきます)

まぁ、歴史認識に結びつけたのは、かな~り強引でしたが(笑)、だまし絵も歴史認識も、人間とは「思い込み」や「いろんな情報」に惑わされやすいって点では似ているなぁ、と、ふと思った次第です。また、カチコチの頭では見えてこないこともあるから、頭も柔らかくしておかないとね。


以前から読んでいただいている方にはお察しいただけたかも知れませんが、このエントリーは「従軍慰安婦・南京がなかったと思っている人へ」の続編のつもりでして、「少ない情報で安易に結論をだすのはあぶないよ、何かに騙されていないか、他の見方がないか、考えたり調べたりしたほうがいいよね?」ってお話でした。


■おまけ

この絵はすごいと思いました。人の顔は全部でいくつあるでしょうか?
gallery
こちらから拝借しました。クリックで拡大すれば、3人まではすぐにわかりますが、もっとありますよ。


■さらに、おまけ。

この女性のイラストも騙し絵というのでしょうか・・・?
女性のイラスト
(クリックで拡大)

だまし絵、トリックアートにはまった方は(笑)、続きをこちらでお楽しみください

トリックアート ~だまし絵の美術館~
だまし絵
北岡明佳の錯視のページ




※ 英語で「LIFE」って書いてあります。「図形」という言葉に惑わされてグレーの図形に着目してしまうと、なかなか「LIFE」が見えてきませんね。わかってしまうと、「なんでこんな簡単なことに気づかなかったのか!?」と思いますよね?人によってはショックを受けるかも(笑)

でも、「LIFE」に気づいてしまうと、今度は逆にグレーの図形を見ようとしても「LIFE」という文字が邪魔をして、どうしても図形として認識するのが難しくなってしまうと思います。

バランスよく見るのは難しい、という例えにこの絵を使ってみました。

歴史認識で、よく「洗脳されていたことに気づいた」って言う人もいますけど、新たに洗脳されただけかも知れませんから、思い込みすぎるのはアブナイです。新たなことに気づいたとき、この絵のようにショックを受けますから(笑)

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

(´∀`*)ウフフ

 これは、なかなか言い得て妙ですね。
 だまし絵かぁ、なるほどね。
 だまし絵は「作者に聴けば判る」けど歴史は「作者が居ないというか、多すぎる」と言うことですかね?
 だまし絵の答えを作者に聞いても、まだ見えない事ってありますよね。
 目の訓練というか、モザイク模様みたいな物から、ある絵が浮き出てくる「3D絵」みたいなのもありますが、歴史もあれほどしっかり浮き出てくれれば良いのですが、そうはいかないところが、深いし難しいし面白いのでしょうね。
 

こんばんは、興味深く拝見させて頂きました。

よく心霊写真と呼ばれる写真の中にも葉っぱの陰や壁のしみが人の顔に見えるというものがかなりあります。陰や模様が頭の中で人の顔という画像に固定され、心霊写真だと思い込んでしますことがよくあるようです。

人間の頭脳には断片的な情報から全体像を編み出す能力がありますが、欠損した情報を埋めるのは、経験であったり、観念だったりするのだと思います。これが同じ情報を見てよく正反対の評価をしてしまうことがままあるのだと思います。そのためにも自分が先に出している結論が独りよがりなものでないか、よく考えてみる必要があると思いました。

はじめまして
なるほどとともに同意です。
先入観や思い込みは、いかなる場面でも害にしかなりませんね。
常に頭をやわらかくして、新しい情報を受け入れる必要がありますね。

おもしろいです

はじめまして。だまし絵ですか。なかなか奥が深いですね。一番上のやつは知っているのですが、他のは見たことがなかったです。思い込みで物事を見ると、ひとつのことしか見えなくなるので頭も柔らかくしておくことは大切だと思います。あと、リンク貼ってもいいでしょうか?僕のブログは音楽のことをメインに書いてますが、OKでしたら貼らせていただきたいと思います。たまにですが、訪問したいと思います。今回はこれで。

お久し振りです。
うまいこといいますな~。確かにね、そうかもしれませんね。私なんか、その術中にはまっている一人かもしれないなと改めて我が身を省みております。
昭和の歴史は深い。開けても開けても箱がある、箱の中にまた箱があるような。いつまで経っても核心に至らない。いや、そうでなければならないと思いますね。終わりなき探究心というか、これが歴史を考える上で、欠かせない要素であると。

歴史認識とだまし絵を掛け合わせるとは、実に的をおりますぞ。
(。-`ω-) 私もまだまだ修行が足らないようです・・・

返信が遅くなり申し訳ございません

コメントありがとうございます。また、放置状態になってすみませんでした・・・。
遅くなってしまいましたが、下記にそれぞれ返信させて頂こうと思います。
いつまでも凹んでいるわけにもいきませんしね。


■tonoさんへ
メールの返信もせず申し訳ございませんでした。

>歴史もあれほどしっかり浮き出てくれれば良いのですが、そうはいかないところが、深いし難しいし面白いのでしょうね。

本当に深いですね。でも、ほとんど中毒のように色々な本を読みあさったり調べたりしていると、おぼろげながら見えてくるものも出てきたような気がしています。それは、一年前に思っていたこととは全然違ったりすることも多々あるんですけどね。そのあたりはこれから書いていければ、と思っています。


■o_sole_mioさんへ

>陰や模様が頭の中で人の顔という画像に固定され

目と口のような配列があると、それがきわめて単純な図形であっても脳の中ではそれを顔と認識するという話を聞いたことがあります。
さらに怒った表情に見えるものには脳が反応しやすいと言うことを利用して、ホンダがHonda ASV-3という試作バイクを作りましたね。
怒った顔のように見えるデザインにすることにより、周囲のドライバーはバイクの存在に気づきやすくなり、事故防止に役立つのでは?と考えられているそうで。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20070122/117429/
話が逸れました。。。

>欠損した情報を埋めるのは、経験であったり、観念だったり・・・

そうですね。また情報不足で欠損していることにさえ気づかないこともありますね。歴史に詳しくないうちは、某つまみ食い史観にはまりやすいと最近気づいたのですが、そこに情に訴える物語が加わって心を動かされると、その後は自分の希望にそぐわない情報は排除してしまう傾向が出てくると思います。かつての自分がそうでしたから・・。


■グリッティさんへ

はじめまして。
先入観や思い込みがあると、見えるべきものが見えなかったり、歪んでしまったりしますからね。
政治問題化している歴史認識などはイデオロギーが絡んで、異論は対決相手として咀嚼することなく排除しがちになる思います。そんなぶつかり合いがネット上でもあちこちでみられます。勉強を進める度に歴史認識が常に動き、当初とは大きく異なってきた自分としては、そんなに安易に結論を出して思いこむのは止めた方がいいんじゃないの?と言いたくなってしまいます(苦笑)
ぜひまた遊びに来てください。


■ふうらいにん さんへ

はじめまして。
リンクについては、もちろんOKです。こちらでも貼らせて頂きますね。
私は音楽については、もっぱらm.o.v.eばっかり聞いてますね~。
ここでも、m.o.v.eをたま~に宣伝しますが(笑)、知る人ぞ知るって感じです。
下記で貼った動画は8-ballとのコラボでロック系です~。
↓↓↓
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-471.html
ぜひ、またいらしてください。


■くわっぱ上等兵さんへ

>うまいこといいますな~。

たまたま、だまし絵を見てたら「あ。似てるかも?」って思ったものですから(^^ゞ
ほんとに昭和の時代は、まだ当時を知る方が沢山御存命なのに、短期間に劇的な変化をしたせいか、戦後生まれの感覚では理解できそうもない出来事がてんこ盛りですね。人それぞれの物語がありますし。
でも、史実は客観的に眺めるようにしていきたいと思っています。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/475-e3bfe69c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。