「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 沖縄の11万人が「捏造」とかどうとか・・・TOP > メディアリテラシー > title - 沖縄の11万人が「捏造」とかどうとか・・・

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の11万人が「捏造」とかどうとか・・・   

「9/29の先日の沖縄の検定撤回沖縄県民大会で11万人集まったというのは違うだろ」ということで、恒例の朝日と産経の文通があったり(笑)、このことを取り上げているブログも少なくないようです。

私としては正直なところ、11万でも4万でもあの大会の意義(※)には本質的には大きな違いはないと思っていたので、人数は気にしていなかったのですが、メディアへの怒りがおさまらない方達は、他の競技場などの写真と比較して人数の推測を試みたりということが、あちこちで行われているようですね・・・。

メディアを叩くのが「メディアリテラシー」と思っている人もいるようですが、でもそうじゃないんですよね。

写真での検証だけではわからないこと、それだけでは落とし穴もあるし、他の様々な可能性を考えていかなければならないと。・・・



このあたり、わかっていらっしゃる方は的確な指摘をしていると思いました。


たとえば、「延べ人数」なんだから写真を検証しても絶対にわからない、と指摘されているのは「捨身成仁日記」さん。

同様に、音楽ライブではないのだから、後から来る人もいれば途中で帰る人もいる、会場から溢れた人もいるでしょ、と指摘しているのが「法華狼の日記」さん。沖縄タイムスの記事には『午後三時に大会が始まってからも、会場を目指す人の波は続いた。』『会場の広大な芝生は人で埋め尽くされ、周辺の敷地にも参加者があふれ返った。あらゆる木陰や車の陰に人、また人。』という表現があったことも紹介しています。

沖縄タイムスの表現がオーバーかどうかという検証も必要でしょうが、それはさておいても、ある瞬間を切り取っただけの写真(そもそも大会のどのタイミングで撮影されたのか?)や会場の広さだけで人数を推定するのは、一見、客観的なようであって実は違うんですよね。

あらら、と思ったのは、秋葉原駅前での麻生太郎氏の演説で「1万5千人集まった」というのが本当かどうか人数を数えている方がいて、こちらは、実際は2000人強だったのでは?としています。
これも写真での検証なので、上述した通り正確な「延べ人数」を出すのは無理だとは思いますが、それでも、「1万5千人」というのは、かなりの誇張といえそうですね。

まぁ、私としては、この水増し(?)について、「解決不能」さんの「主催者発表なんてそんなもん。いちいち目くじらを立てる事なのか?」という御意見に共感した次第です。

メディアリテラシーというのは、そう簡単には身に付かないものだと思います。日々意識して様々な可能性を考える訓練をしていかないといけませんね。自分もまだまだ訓練が足りていませんから気をつけていきたいものです。



なお、沖縄の集団自決ついては、非常にデリケートな問題が含まれていると思っていて、ある意味、従軍慰安婦問題や南京事件よりも真相究明が困難だと考えています。半年ほど前に座間味島の梅澤氏の自決命令の有無についてのエントリーを書きましたが、あくまでも沖縄で起きていた出来事のうちのごく一部を切り取ったことに過ぎないことを肝に銘じるようにしています。


スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

11万人の大嘘

>11万でも4万でもあの大会の意義(※)には本質的には大きな違いはないと思っていたので、
私もそう思いますが、
あなたは「11万人も集まった」という大嘘を、
左翼メディアメディアが大宣伝していたという
点を考慮していませんな。
それに主催者発表は実数、あるいは警察発表の数倍
であるのが一般という点も考慮してください。

最近のマスコミ

 参加人数で思い出すのは、まだ「総評」や「同盟」等の労働組合が非常に強い力を持っていた頃に、メーデーの大会が日比谷公園で会ったとか、どこそか広場であったとかいうニュースが流れるのですが、当時のNHKはたしか「主催者側発表30,000人、警察発表4,200人の人が集まりました。」なんて言ってましたよ。
 その頃から、紅白歌合戦よろしく「野鳥の会」にでも頼んでクレーンの上から数えて貰えば、「桁」が違う何て事はそう無いんじゃないの?なんて酒の肴に友人と話した記憶があります。
 はっきりしているのは、そう言う流動的な要素が多い数字ほど「鵜呑み」にしてはいけないと言うことであり、マスコミも、昔のNHKの様に「主催者発表」とか「警察発表」とか「公園管理事務所推測」伝えれば良いものを、測定した事実であるかのように言うから、それは「事実」としてはおかしいと突っ込まれるんじゃ無いでしょうか?
 いずれにしても、良識的な人は、「結構多くの人が来てるな」とか「創価学会の旗があるからこっちは動員がかかったのかな」とか冷静に見ているとは思いますが。
 沖縄は仰るように、複雑さ、多様性では、沖縄>慰安婦>南京と感じました。
 拙ブログでも取り上げましたが、たまたま沖縄戦の米軍資料出典の写真集と、それを主にした「写真記録」なる本を拝借して読んで(見て)いたところで、記録は残る物ではなく、誰かが残す物だ、そして後日勝手に解釈されるものだと感じました。
 写真を修整しなくても、撮る時点でカメラマンの意志が入るし、後日その意志すら変えられて利用されたりします。
 今回この集会のキャンペーンに沖縄タイムスが使った問題の写真は、勿論私には「自決」か「砲撃」かは判断できませんが写真が一人歩きしています。「父親達の星条旗」もそうでしたね。
 手元の写真集には、米兵に銃を突きつけられた日本人(兵隊の模様)が、掘られた壕に数多ある日本人(兵隊か住民かは判別できない)の遺体をスコップで埋めている写真がありましたが、これなんかも一人歩きしそうな写真です。
 関係ない所まで行ってしまいました。
 御免なすって!

■ささきばら さんへ

はじめまして。

>左翼メディアが大宣伝していたという点を考慮していませんな。

そうだったんですか? 主催者発表を報道しただけではなかったのかな

この短いエントリーで「考慮してませんな」と言われましてもねぇ。主催者発表ってそんなもんでしょ?ってのが私の感想と書いているわけですから。
左翼メディアが・・って仰いますけど、あの産経抄もなんだかなぁって思いますよ。


■tono さんへ

「主催者側発表30,000人、警察発表4,200人」・・・そんなことがありましたか。もうお笑いですね(^_^;)

あの写真は拝見しましたが、PCの画面だとちょっとわかりづらかったです(汗)
写真は資料として価値がありますが、キャプションで印象が大きく替わるから気を付けないといけませんね・・・というロジックを利用してさらに印象操作する者がいるので、本当に油断なりません。

主催者発表/警察発表

僕の経験では両者の発表は大体2~2.5倍ちがっているのが多かったとおもいます。なので11.6万人/4.3万人≒2.7は妥当だと思いました。写真検証の数字が2万程度であれば、2回転しているのことになるで、それほど違和感もありません。さすがに5回転はしないでしょう(^^ゞ
問題は翌日の新聞になぜか主催者側発表数字のみがデカデカと載ったことで、その際警察発表数字が併記されていればここまで問題になることはなかったと思います。
左派がなぜ数に固執するかといえば、少女強姦事件のときの動員を上回ったといいたいのだと思います。あれによって「革新知事」が生まれたので。そういう意味で実数が6万人を超えるかどうかが分かれ目だったのに、実際は失敗していた集会と言えるのではないでしょうか?

今回のデモの中身に関して、左右両方からエントリーが出てます。
ttp://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1077.html#more
ttp://d.hatena.ne.jp/comumikaze/20071004/1191506953
(後者のブログのコメント欄では、会場で配られた2万枚のビラから参加者の推定を行っていて、その数値の信頼性はともかく興味深いです)
両方を読み比べると、「同じものに対して、ここまでとらえ方が違うものなのか」と当り前のことながら驚きました。

そもそも、この「11万人(主催者発表)」問題については、産経新聞の「4万人弱」という数字にはどの程度の信頼性があるのか、延べ数か否か、公園面積から参加者を割り出そうにも、参加者が公園外にはみ出していた場合は(実際、公園外にまではみ出していたようですが)どうなるのか、左翼団体の動員はどの程度あり、それが参加人数の何割を占めるのか、それによって、どの程度今回の集会の性格に影響が生じたのか、といったことは、論証の仕様のない藪の中の話なわけで…。
ただ、一部メディアで「11万人(主催者発表)」という数が、単純に「沖縄県民の声」に結びつけられて報道されていることに対しては、正直不愉快な思いを禁じえません。まぁ、こういった運動や集会にいわゆる左翼団体の動員は付き物なので、結構冷静に見ている人も多いとは思いますが。

後、今回の騒動の発端になった検定時に、「集団自決の日本軍強制の記述修正」の根拠として使われた著書の筆者が「意図を無視した恣意的な引用」と怒ってますね。
ttp://www32.ocn.ne.jp/~modernh/
ただ、検定意見を受けて修正された版でも、「日本軍によるスパイ容疑をかけられた住民の殺害」といった、「沖縄の悲劇に対して日本軍の存在が決定的役割を果たしている」点については書かれていますし、当事者だった沖縄県民はまだしも、左翼があそこまで怒るほどなのかなぁ…というのが正直な感想です。

長い上に乱筆でごめんなさい。またちょくちょく見にこさせていただきます。

返信が遅くなってすみません・・・

メディアリテラシーについて書いたつもりでしたが、やはりどうしても政治的なコメントが付いてしまいますね・・・。

■きゃべじんさんへ

>問題は翌日の新聞になぜか主催者側発表数字のみがデカデカと載ったことで、その際警察発表数字が併記されていればここまで問題になることはなかったと思います。

こういう集会などの警察発表の数字って、いつも発表されていましたっけ?このあたりに気をつけて見たことがないので私は覚えていませんが・・。


■gennbunさんへ

フィードリーダーに300以上のブログを登録している私としては、この問題についての意見に目を通すだけでもうおなか一杯です(苦笑)。
林博史氏の怒りは尤もだと思いますし、「意図を無視した恣意的な引用」は上のKamuiさんへの返信でも書いた自由主義史観派の得意技ですから、なおさら左派の怒りと危機感は大きいのだと思いますよ。
(「つくる会」の関係者が検定に関与していたことは、沖縄以外ではあまり報じられていなかったようです。)

検定意見を受けて修正された版については、よく見比べると、集団自決部分について「日本軍によって」「日本軍に・・・追い込まれた(強いられた)」と、日本軍の関与の印象が薄められるような記述になっていることがわかります。
http://sekakata.exblog.jp/6275871/


今回は6千人

先日、県民大会が行なわれましたので、書き込みさせて頂きます。

 2008年3月23日の沖縄県民大会の参加者数は、主催者発表で6000人でした。
 もちろん、数の多寡で大会の意義を言っても仕方ないのですが、「11万人が集まった意義は大きい」と言っていたのはどのような立場の人たちでしたっけ。

 今回の大会がメディアの注目を集めていないことを考えれば、「11万人」という「数字」をアピールすることに「意義」があったことは明白です。

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200709301300_01.html

 延べ人数説に言及しておられますが、2007年9月29日の大会の際には、沖縄タイムスは「11万人が、一斉にガンバローを三唱した」などと書いています。
 大会に参加した団体のサイトでは、「参加者は会場に入りきれず11万人に膨れ上がった」「参加者は11万人。会場に入れず引き返した人は1万人」などと書かれています。
 大会に参加した方のブログによると、会場で発表された参加者数は、「会場に10万人」「近くの公園に2万人」だったとのこと。

「11万人」を「歴史の事実」として流布している人たちはたくさんいるのです。

>主催者発表なんてそんなもん

「歴史の事実」を求める真摯な大会の結果、「そんなもん」でしかないはずの「主催者発表」が、新たな「歴史の事実」となる。
「滑稽」と言うべきなのか、「悲しい」と言うべきなのか。

あ、そうか。「そんなもん」と言うべきなのですね。

■素朴な疑問 さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

ただ、私に向かってボールを投げたおつもりが、思いっきり明後日の方角に飛んでいってしまっているようで・・・(^^;
すくなくとも私は、「どのような立場の人たち」とはかけ離れたところにおりますので、安易にサヨクに分類しないで下さいね。

>「11万人」を「歴史の事実」と・・・

これはまた大げさな^^;
あぁ、わかりました、戦後サヨクが歴史を捏造した事例がまた増えたとおっしゃりたいのかな?

>あ、そうか。「そんなもん」と言うべきなのですね。

そうです。それ以上でも以下でもありません。ついでに、報道機関もどうせ「そんなもん」です。
「11万人が集まった意義は大きい」と報道した方も、普段の自分たちの報道を棚に上げて「11万人説」をムキになって否定した方も、どちらも「そんなもん」ですよ。

だから、それを受け止める国民の方は、どちらも「真に受けるだけムダ」というのが私の本意ですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/473-083fda82

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。