「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - ぼちぼち再開しようかと・・・TOP > 雑記・つぶやき > title - ぼちぼち再開しようかと・・・

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼちぼち再開しようかと・・・   

しばらく更新をさぼってしまいましたが、ぼちぼち再開したいと思います。体重はまだ増えたまんまですが(笑)

更新していない間でも、読書漬けの日々は続いておりまして、従軍慰安婦や南京事件、神風特攻、フィリピン占領などに関係する本を読みあさりました。

いろいろな本を読み進めたにもかかわらず、ブログの更新はさぼっていたので、書きたいと思うことは溜まる一方で、それこそ山ほどあるのですが、逆に書きたいことが沢山ありすぎて、何をどのように纏めて書いて良いのやら途方に暮れてしまい、かえって書く気が起こらないと言う(笑)そんな状態です。



また、中途半端な知識の状態であれこれ書くのも、あとで恥ずかしい思いをするだけなので、いっそのこと、このブログを閉じてしまおうかとも思いましたが、よくよく考えてみれば、歴史問題について「中途半端でない知識」の人ってそもそもどのくらいいるの?ってなことに思い至りまして・・・(苦笑)。

まぁ、「読書メモ」「歴史勉強メモ」程度の内容で、今後もまったりと続けてみようかと思います。 とりあえず手元にある6冊ほどの慰安婦関係の本は読み終わりましたので、今後そのあたりから書いていくかも知れません。あくまでも予定ですが。

-----

ところで昨日、特攻に関してこんなニュースがありましたので、ご紹介まで。

「特攻の母」顕彰碑建立 知覧町( 西日本新聞)

太平洋戦争末期、特攻基地があった鹿児島県知覧町で、特攻隊員から慕われ「特攻の母」として知られる鳥浜トメさんの顕彰碑が同町の平和公園に建立され、3日、除幕式が行われた。
(後略)


あと、これまでにも何回か紹介させて頂いた、nagumo4さんによる特攻隊の動画も新たにアップされていましたので、その流れで今回も貼らせて頂きます。

"FOR THOSE WE LOVE" / Fan Movie #3 (13:08)


高画質のDivX形式ですので、再生にはDIvXプラグインのインストールが必要です。
YouTube版は前半と後半の2つに分割されています。
"FOR THOSE WE LOVE" -YouTube版(前半)
"FOR THOSE WE LOVE" -YouTube版(後半)

正直なところ、この動画の画面に現れるメッセージには、共感できない箇所が少なからずあるのですが・・・。
(どの部分が「共感できない」か、は敢えて書きません。近代史を色々勉強してきた結果として、今は○○○○史観からは離脱したからです。)

そういえば、結局「おれきみ」は見に行きませんでした。


俺は、君のためにこそ死ににいく
俺は、君のためにこそ死ににいく邦画

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2007-10-21
売り上げランキング : 354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
メイキング・俺は、君のためにこそ死ににいく 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) 父親たちの星条旗 (特別版) 出口のない海 特別保存版 (初回限定生産) 大空のサムライ デラックス版


スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

>いっそのこと、このブログを閉じてしまおうかとも思いましたが、よくよく考えてみれば、歴史問題について「中途半端でない知識」の人ってそもそもどのくらいいるの?ってなことに思い至りまして・・・(苦笑)。

おっしゃってる事は正しいと思いますよ。
閉じるなんて言わないで下さい。もったいないです。

もちろん、継続がご負担でなければ、ですが。

お疲れ様です。
>いろいろな本を読み進めたにもかかわらず、ブログの更新はさぼっていた
>ので、書きたいと思うことは溜まる一方で、それこそ山ほどあるのですが、
>逆に書きたいことが沢山ありすぎて、何をどのように纏めて書いて良いの
>やら途方に暮れてしまい、かえって書く気が起こらないと言う(笑)そんな状態です。

非常によくわかります、その状態。そういう状態に陥ると、連休で時間があろうが何だろうが駄目なんですよね。私の場合は、そういうときはデータの羅列でお茶を濁します。後は気になる部分の摘要か。

>いろいろな本を読み進めたにもかかわらず、ブログの更新はさぼっていた
>ので、書きたいと思うことは溜まる一方で、それこそ山ほどあるのですが、
>逆に書きたいことが沢山ありすぎて、何をどのように纏めて書いて良いの
>やら途方に暮れてしまい、かえって書く気が起こらないと言う(笑)そんな状態です。

私もブログを書いている身、仰ることはとてもよくわかります。私も今、同じ状態(苦笑)考えが生煮えの状態でブログに公開するのは怖いですよね。

私は思いついたこと、考えたことをとりあえずテキストファイルにメモ書き状態で書き溜めておき、少し時間を置いて見返して、練り直してからブログにアップするようにしています。

こうするとブログの更新頻度が落ちるかもしれませんが、ブログは他人に対する義務でやってるわけではないので、ご自身の都合のいいタイミングでアップしていけばよろしいのではないでしょうか。

>また、中途半端な知識の状態であれこれ書くのも、あとで恥ずかしい思いを
>するだけなので、いっそのこと、このブログを閉じてしまおうかとも思いましたが、
>よくよく考えてみれば、歴史問題について「中途半端でない知識」の人って
>そもそもどのくらいいるの?ってなことに思い至りまして・・・(苦笑)。

私がブログを読むときは、そこに事実や知識を求めるよりも、「このブログ主は取り上げた事例についてどのように考えているのだろう?」ということが興味の対象です(もちろんこのブログも(笑))何故なら他人の見方を知ることで、その事例がより立体的に見えてくるからです。

ですから私は、ブログとは正しい事を書くことよりも、「自分はこのように考えている」ということを書くことが重要だ、と思っています。正しい知識が必要なら、文献に直接当たればいいんだし。

無論、その考えに至るにはそれなりに正しい知識に立脚してしてなければなりませんが、それが多少中途半端であっても「自分はこのように考えている」ということの発露こそ、ブログの役割ではないかと。

新聞じゃないんですから、「間違っていたらツッコミ入れてね」ぐらいのスタンスでいいんじゃないでしょうか。

みなさん、ありがとうございます

みなさん、励ましのお言葉ありがとうございます<(_ _)>
だいじょうぶ、まだやめませんから(^^

■ddff さん へ

ありがとうございます。
ddffさんにはいつも励まされていますね(^^ゞ
拙ブログに一日に訪れる方の半分以上がGoogleなどの検索でやってくる方で、昔のの記事が今でもけっこう読まれているんですよ。考え方の違う頃の、いまではゴミとしか思えない記事が読まれるのは、けっこう恥ずかしいものでして(笑)
それで、ちょっと「閉鎖」がよぎっただけですのでご心配なく。

■槍栗中尉 さんへ

槍栗中尉さんも同じ様なことがあるのですね。なんかホッとしました。
「データの羅列」、自分も考えていました(笑)
あ、あと、拙ブログへリンクして頂いていたようなので、勝手ながら相互リンクとして「近衛読書中隊」を加えさせて頂きました~。

■かせっち さんへ

ありがとうございます。・・・それよりも、かせっちさんのブログがあることに今まで気づきませんでした。すみません(^^;
トヨタに呆れ果てているのは私も同じです。

思いついたことのメモ書きは私もやっているんですが、放っておくと鮮度も下がってしまいますよね。それでお蔵入りになっている記事が実は沢山あります。FC2ブログはアップした記事の数がそのまま連番でURLに反映されますが、この記事は472番目ということになります。でも、トップでは「総記事数 217 件」との表示。そう、半分以上がボツ原稿です(笑)

でも、かせっちさんらしいコメントのおかげで、気が楽になりました。

>新聞じゃないんですから、「間違っていたらツッコミ入れてね」ぐらいのスタンスでいいんじゃないでしょうか。

はい、今後もそのつもりでやっていきますので、これからもよろしくです♪


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/472-96966eea

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。