「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 原野亀三郎さん、安らかに・・・TOP > 雑記・つぶやき > title - 原野亀三郎さん、安らかに・・・

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原野亀三郎さん、安らかに・・・   

前回の続きをアップする予定でしたが、ちょっと予定変更させてください。

今日、テレビを見ていて 久々に目頭が熱くなってしまったので・・・。

この先月の悲しいニュースを覚えていらっしゃる方も多いと思います。

「帰宅目前の悲劇、自転車日本一周の80歳事故死」


今日のNHK「クローズアップ現代」はこの自転車で日本一周のゴール目前に事故で亡くなられた、原野亀三郎さんの話でした。


事故のニュースを知ったときは、

「日本一周の大旅行のゴール目前で、なんという悲劇・・・」

「それにしても、80歳で自転車で日本一周にチャレンジするとは、なんて元気な爺さんなんだろう」

そのくらいの印象でした。

でも、今日、テレビを見ながら、

「80歳と言えば、戦争にも行っている世代かな? 戦争体験がある人がこういう大計画をするときは、だいたい、趣味や娯楽を超えた大きな目的があるんだよな・・・」

などと思っていたら・・・・・。

画面に映った原野さんの着ていたTシャツに書かれた文字を見て、「やはり、そうだったか」とわかりました。


(テレビからのキャプチャです。クリックで拡大)
snapshot20070727001433 


snapshot20070726234552


 
見送る奥様が写したという後ろ姿の写真には、「祈念 平和 日本列島」の文字が。


snapshot20070726234438 

テントや自炊用具など40キロの荷物をマウンテンバイクに載せての日本一周旅行。出発は去年の4月。
道中転倒して手首を骨折しても、一度は「ついに歩けなくなった。もう無理だ」と奥様に電話をするも、それでもあきらめずにペダルをこぎ続けた原野さん。

原野さんが宿泊されたという旅館の女将さんのブログから原野さんの言葉を引用させていただこうと思います。


「私は戦争のせいで青春がありませんでした。

多くの友人が戦死しました。彼らの青春は永久にありません。

残された私が青春を楽しまなかったら、あの世に行ったときに彼らにあわせる顔がないんです。

だから、今、青春をしてます。彼らが私と一緒に日本一周旅行を楽しんでいるのを感じながら走ってます」


でもねぇ、やはり辛いですよ。走るのは・・・。走りおわったっときに、楽しかったって思うんでしょうねぇ。

走っているときはちっとも楽しくなんてありません。人生も旅と同じですね。その時は必死に生きているから楽しくなんてないけど、後で思い返すと『あの時は楽しかったなぁ』なんて思いますから」

旅の途中に写した写真には、戦争の慰霊碑も多く写っていたそうです。

番組中で流れた、「友人にあてた手紙」より

願う。戦争の御霊と化せられし我が友。安らかにあれ。

現代社会に濫用されている平和。私は真の平和を願うのです。

日記に書かれていたという「出会った人へのメッセージ」

人生は、常に挑戦の姿勢で生きることだと信じています。

楽しく生きていくにも、喜びに満ちていくにも、考え一つで変わっていきます。

一歩前に進む勇気があれば、答えが自ずと、生まれてくるのではないでしょうか。


やはり80年生きてきた方の言葉は重いです・・・。

今頃は、戦友と再会して旅の思い出でも語っていらっしゃるのでしょうか。それとも若い頃の想い出話でしょうか。


「朝、目が覚めたら今日一日が青春」

元気をもらいました。

原野亀三郎さん、ご冥福をお祈りいたします。

---------

原野さんの言葉を引用させていただいた旅館の女将さんのブログ

朝日館の女将のてんてこ舞日記 : 神様がお連れ下さったお客様


旅の途中に原野さんと出会った方のブログ

Around The World 【日本-中国-モンゴル】 故 原野 亀三郎氏に捧ぐ

原野亀三郎さん|吾寓(あぐう)の日々


原田さんの親戚の方のブログ

亀おじさん、すごい人だったんだね - Vamos Ser Amigas! from NADARA

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

80歳ですか

 私の父も80歳、この8月に81歳になるなぁ。
 この年代の人達は、休まないのですねぇ。
 ず~~~と走ってきて、まだ、走っている。
 
 原野亀三郎さん、きっとまだ走っているでしょうね。
 ご冥福をお祈りいたします。

>tonoさん

>この年代の人達は、休まないのですねぇ。
戦死した戦友の分まで頑張って生きるという方も多そうですし。

「多くの友人が戦死しました。彼らの青春は永久にありません。」
私にはこの部分が堪えました。

あ、遅ればせながら、tonoさん誕生日おめでとうございました。
(遅くなったので語尾が過去形(^^;))

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/458-6552ed02

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。