「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 新カテゴリ「日本についての豆知識」追加しましたTOP > 日本についての豆知識 > title - 新カテゴリ「日本についての豆知識」追加しました

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新カテゴリ「日本についての豆知識」追加しました   

本やネット、テレビなどで得た日本についてのちょっとした豆知識を入れておくカテゴリーを作ってみました。単に、私の知識整理に使用することになりそうですが(笑)、日本をちょっと好きになれそうなお話を書くときに使うことにします。
先週書いた日本人の得意技の話しもここに移しました。

で、今日は日本人の名前についての話です。

タモリのジャポニカロゴス2006/6/20放送
町田健名古屋大学教授のお話

『外国だとピーターとかメアリーとか、宗教上の理由で付けられる名前が限られている。ところが日本だと何でも良いわけですね。ですから、親の「子供にこうなって欲しい」とかそういう気持ちがそのまま反映されてくるような名前が多種多様なんです。だから日本人にとって人名というのは大変大事なんですね。』


へぇー ×15

確かに表音文字の言語だと名前にいろいろな意味を持たせるのは難しそうですね。表意文字でその数も膨大な漢字なら、いろいろな組み合わせで親の思いを込めて命名できますね。中国もそうなのかな?
(ただし、私は自分の名前はあまり気に入っていません(^^;)

そういえば、韓国は漢字を捨てつつあるのに、名前だけは漢字ですよね?

「へぇ~」っと思ったら、クリック!


町田健のたのしい言語学町田健のたのしい言語学
町田 健

言語学入門―これから始める人のための入門書 言語学のしくみ 言語学が好きになる本 ソシュールのすべて―言語学でいちばん大切なこと 町田教授の英語のしくみがわかる言語学講義

by G-Tools




スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/43-1f6f7fbb

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。