「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 信じられない・・・TOP > 雑記・つぶやき > title - 信じられない・・・

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じられない・・・   

「自分の目を疑う」

「言葉を失う」

そんな経験は普段の生活では滅多にない。

 でも、夢にも思わなかった突然の訃報を知った時、人はこういう状態になるんだって、改めて分かった気がする。

 「ZARDの坂井泉水さん転落死 脳挫傷で」

 
マジでへこんでいます・・・。

 デビュー当時からずっとZARD坂井泉水さんのファンでした。かれこれ15年以上。

 坂井泉水さんの書く歌詞の世界ほど、邦楽で自分の心に響くものはなかった。

 坂井泉水さんほど、透き通ったクリスタルボイスはないと思っていた。

 坂井泉水さんほど、ポニーテールが格好良くきまる女性はいないと思っていた。

 一時は、「理想の女性」とまで思いこんでいた。


 「負けないで」届かなかった思い…坂井さん急死


自分が天才と信じているt-kimura氏のブログ「music life」にも坂井泉水さんのことが書かれていた。

 驚いたことに、t-kimura氏ZARDに多大な影響を受けていたという。

Favorite BlueZARDへの憧れの証だった」と。

思うところあってコメントを残してきたら、t-kimura氏から返信をいただきました。

普通なら返信もらえるだけで嬉しいハズなのに、坂井泉水さんの存在の大きさを再認識させられて、余計に悲しくなりました。

(動揺したせいか、操作をミスって昨日から書きかけていたエントリーを消しちまった・・・。)


 坂井泉水さん、いままでありがとうございました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。


ZARD Official Site 記帳Page (←こちらで坂井泉水さんへのメッセージを)


ZARD - あの微笑みを忘れないで(01:36)



Zard_Blend II - Leaf & Snow_PromoVideo(02:46)



ZARD - IN MY ARMS TONIGHT(03:14)



ZARD - この愛に泳ぎ疲れても(01:55)



Zard.-.[Fushigi.ne].(04:17)



ZARD : Don't you see ! - Live Ver.(05:17)




あらためてPV見ていたらマジで泣けてきた。。。
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

知りませんでした

 ZARDは名前だけしかしらず、まして坂井泉水さんは知りませんでした。
 動画を拝見すると・・・・・・・綺麗な方ですね。
 私は、大ファンだった「夏目雅子」さんに似ているというか、重なる物を感じた気がしました。
 目とか表情とか醸し出す憂いとか・・・・・・・
 美人薄命!
残念です。
 夏目さんが亡くなったとき、私もへこみました。
 気持ちは少しだけ、いやもう少し、分かる気がします。

 ひと目を憚らず、泣くしか無いと思います。
 坂井泉水さんのご冥福をお祈り致します。
 合掌!
 

お気持ち、解ります・・・

日本の確たる「芸術家」のお一人でした。
失ってはならない「逸材」は、何故か早く、この世から去っていく・・・
宝物は、失ってからますます、その価値解り、真価がわかる。
大切に、人生の一ページの出来事として『永遠の思い出』として残して於こうではありませんか、、、。

コメントありがとうございます

>tonoさん
返信が遅くなり申し訳ございませんでした。

「夏目雅子」さん、確かに横顔は少し似ているかもしれませんね。
特攻隊についてのエントリーを書き続けながら、実は「死」というものへの実感が無いままだったことを、改めて思い知らされました。
近親者の「死」は、もう長いこと経験がありませんでしたが、憧れたり尊敬している方の「死」は毎年のようにありますが、それが若い人ほどショックが大きいものですね。

>執事のトーマスさん
返信が遅くなり申し訳ございませんでした。

「現在進行形」だったものが、突然「過去形」で語らなければならなくなることが、残念でなりません。
ヒットしたかどうかに関わりなく、彼女の詩は心にしみこんでくるものが多かった。(私はむしろ、シングルカットされた曲より、CDアルバムの中にある「隠れた名曲」の方が好きでした。
実に多くの人を励まし勇気づけ、癒した彼女は、日本の音楽史上に間違いなく名を残すと思います。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/408-151a002e

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。