「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 人間爆弾「桜花」の戦果とそのパイロットTOP > 特攻・特別攻撃隊 > title - 人間爆弾「桜花」の戦果とそのパイロット

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間爆弾「桜花」の戦果とそのパイロット   

昨日のエントリーで、実戦で使われた「桜花」は55機と紹介しましたが、確実に戦果と言えるのは、その内のわずか1機だけだったようです。 それは、1945年4月12日の午後、沖縄北西海域でのこと。母機から切り離された桜花が向かっていったのは、レーダー監視任務遂行中の米駆逐艦「マナート・L・エベール」でした。

 マナート・L・エベール
マナート・L・エベール USS Mannert L. Abele (写真はクリックで大きくなります)


特攻 最後の証言」P.12より

昭和20年4月12日、土肥中尉の 操縦する桜花は、三浦少尉が操縦する母機・一式陸上攻撃機(一式陸攻)から切り離され、火薬ロケットを噴進、敵迎撃戦闘機がどうすることもできない速度と なって滑空し、アメリカ海軍駆逐艦M・L・エベールに激突。同艦は命中刹那に艦隊中央部が粉々に消し飛んで真っ二つに折れ、一瞬で沈没した。

桜花に乗った土肥三郎中尉が体当たりする数分前に、マナート・L・エベールには3機の特攻機(零戦)が体当たりを敢行、2機は撃墜されるも、1機が体当たりに成功。その約1分後、航行不能となったところに桜花がとどめを刺した形になったようです。

アメリカ海軍の歴史資料を扱うサイト「Naval Historical Center homepage」 でも、「あっという間に艦中央から二つに折れ、一瞬で沈んだ」と書かれていました。そして、「Mannert L. Abele, the only ship sunk by the baka bomb during the Okinawa campaign:マナート・L・エベールは沖縄戦で桜花(BAKA BOMB)によって沈められた唯一の船」とされています。

この、桜花の本領を発揮した、ただ一度の戦果をあげたパイロット・土肥三郎中尉について調べたら、特攻直前の土肥中尉の様子を語った証言を見つけました。土肥中尉の乗った桜花を母機から切り離すという、一番つらい任務をおこなった菅野善次郎さんという方の証言です。抜粋して引用しておきます。
(キャッシュはこちら)

1945年4月12日。「第721海軍航空隊」(神雷部隊)に所属していた菅野さんは、鹿児島県の鹿屋基地で出撃命令を受け、隊員7人とともに一式陸上攻 撃機で沖縄沖へと飛び立った。

攻撃機の下には、“人間爆弾”と呼ばれた特攻機「桜花」が取り付けられていた。敵艦近くまで運び、切り離す任務。攻撃機自体 も無事生還できる保証はない。18歳の誕生日を迎えたばかりの菅野さんは、短い命の終わりを覚悟した。

機上で初めて会ったのが、桜花搭乗員の土肥三郎中尉だった。じっと目を閉じ、腕を組んだ姿勢を崩さない。

やがて敵艦を発見。菅野さんが促すと、中尉は肩から下げた短銃を菅野さんに手渡し、桜花に乗り込んだ。「形見として戦友に渡してくれ」。それが最後の言葉だった。

(中略)

中尉が桜花に乗り込んだ後、急降下する攻撃機の中で桜花発進のブザーが響いたのを覚えている。だが、見ると桜花は発進できず、中で中尉が操縦かんを握ったままだった。電動による切り離しの失敗。菅野さんは目を閉じ、そして、手動の切り離しレバーを引いた。


「ちゅうちょする時間はなかった」。再び目を開けた時、見えたのは桜花が残した紫煙だけだった。


母機から切り離された直後の桜花(母機から見下ろしたところ)

砲撃で傷付き、燃料ランプが点滅する攻撃機で基地に戻った菅野さんらを待ち受けていたのは、海軍幹部の疑いの詰問だった。「敵艦は本当にごう沈したのか」「間違いありません」。犬死にしたというのか。食ってかかった憤りが、今も心に刻み込まれている。

桜花は、他の特攻兵器と違い、母機から切り離されたが最後、生還の見込みはほぼゼロです。桜花を母機から切り離すことは、桜花パイロットの死を意味します。
18歳の時にこの桜花を切り離し発進させる役目を負った菅野さんの胸中は察するにあまりあります・・・。


ザ・コクピット 音速雷撃隊 桜花(3:53)
桜花が登場する松本零士アニメです




少しでも参考になったと思われましたら、応援クリックよろしくです<(_ _)>
人気ブログランキング  FC2ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ 
コメント、TBもお気軽にどうぞ♪

■参考リンク

■参考書籍
特攻 最後の証言
『特攻・最後の証言』制作委員会
4757213034
アスペクト 2006-10-17
売り上げランキング : 64155
おすすめ平均 star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


特攻パイロットを探せ―埋もれた歴史の謎を掘り起こした真実の記録
平義 克己
459405000X
扶桑社 2005-08
売り上げランキング : 436855
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「ザ・コクピット」いいですよね~。
何度見ても、「これだな」って思う一品ですね。




>くわっぱ上等兵さん

この動画は、くわっぱ上等兵さんのお気に入りでしたね。
「ザ・コクピット」シリーズは私も中学生の頃ずいぶん読みました。ただ、アニ化されていたのは知りませんでした。ラジオドラマ化されたやつのカセットテープは買いましたが。
「音速雷撃隊」も、ネット上でしか見たことがありません。
http://www.youtube.com/watch?v=krL4YWE2DXg
http://www.youtube.com/watch?v=bhKeR8a8li4
http://www.youtube.com/watch?v=wZw4qiF5ytk

余談ですが、私の高一の時の担任は一式陸攻の搭乗員でした。私の周りで、ほぼ唯一の戦場体験者でしたが、本当に人間的に素晴らしく尊敬出来る先生でした・・・。

音速雷撃隊 桜花

アニメ音速雷撃隊 桜花の曲に感動しております。
すでに、職場(自営)で3日かけっぱなしですが、
特攻は、悲しい話ですが、まだ、曲は、あきません、
死んでいった、パイロット達に感謝。
また、このサイトの管理者に感謝。
久々にレンタルショップに音速雷撃隊 桜花を
探しに行ってみたいと思います。感謝。★(_ _)★

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/387-af96e5e3

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。