「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - メディアリテラシーと長崎市長銃撃事件(今日はサンゴ記念日)TOP > メディアリテラシー > title - メディアリテラシーと長崎市長銃撃事件(今日はサンゴ記念日)

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアリテラシーと長崎市長銃撃事件(今日はサンゴ記念日)   

「K・Yって誰だ?

 と君が言ったから

 四月二十日はサンゴ記念日」

そう、今日4/20は、サンゴ記念日ですね(^^; (サンゴ記念日をご存じない方は、こちらこちらをどうぞ)
そういうわけで(?)、ちょっと久々にメディアリテラシー関係のエントリーを書いてみたいと思います。

長崎市長銃撃事件について、朝日新聞などが、「容疑者の個人的な犯行を、言論弾圧や思想犯に結びつけて報道していてケシカラン」という意見が多いようで、私も同感です。

ただ、この事件については、左派の方がメディアリテラシーを発揮しているのか、マスコミの報道を強く疑っているようなんです。
すなわち、『犯人は市長と個人的面識がないのに、なぜ市長を殺害したのか』、そして、『メディアが「私怨による犯行」というのはいかにも怪しい!』と、色々調べているようなのです。

いま伝えられている情報だけで判断すれば、確かに金銭トラブルなど個人的恨みによる犯行だろうと言うコトになるのですが、左派系ブロガーさんが色々調べて書いている意見も、あながち無視できないような気がしないでもありません・・・。
たとえば「きまぐれな日々」さんから少し引用すると・・・、
4月20日付の四国新聞によると、『城尾容疑者と市のトラブルは市長に報告させておらず、市幹部や市長の親族らは「(市長は容疑者と)面識はなく、個人的な恨みを持たれるはずはない」と証言している。』とのことだ。報道初期の段階で、マスコミがミスリードしたのではないかと、私は疑っている。

時事通信は、城尾容疑者と30年来のつき合いという松尾千秋弁護士の談話を報じている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000079-jij-soci
(リンクが切れている場合は下記まで)

ところが、この松尾という弁護士は、「日本会議」の長崎副会長で、「新しい歴史教科書をつくる会」の長崎県支部長なのだ。「日本会議」とは、加藤紘一代議士 (自民党)の定義によれば、「日本最大規模の保守主義・民族主義系の政治・言論団体」(『テロルの真犯人』169頁)とのことで、ひらたくいえば日本最大 の右翼言論団体である。

と、いうことで、やはり右翼言論団体が関係している犯罪ではないか、というわけです。んー・・・・。

実際に、不審な車の目撃情報や、複数人犯行説などがでてきており、まだまだ見えない部分があることは確かなようです。
でも、ヤ○ザの世界はよくわかりませんが、殺害の動機が私怨だけとは限らない人達ですしね・・・。(まぁ、ヤ○ザなので、真相を語ることはきっとないのでしょうけど。)

ただ、なんでもかんでも「権力憎し」で飛躍しすぎるのが左派の特徴、上記記事の結びは次のようになっていました。
私ならこう書く。テロルの真犯人は、安倍晋三であり、小泉純一郎であり、石原慎太郎である。そして、彼らを支持する国民は、テロを支援しているのだ。むろん、彼らを打倒することのできない反対勢力(私も含む)にも重大な責任があると思う。

あぁ、やっぱり・・・(^^;;;

まぁ、 殺害しなければならないほど、長崎市長が右翼と敵対していたとはあまり思えないし、選挙期間中に犯行に及んだところで、左派メディアが「右翼の言論への挑戦だ!」と騒ぐのは目に見えていますから、選挙前のこんな時にリスクを犯して、あえてこんな凶行をするほど右翼団体もお間抜けじゃないでしょう?

上記のよう な左派の検証は、メディアが報じない部分を暴いてくれるかもしれず、無視するのもちょっともったいない気もするのですが、妄信的になっている部分があ るので、その検証作業が片手オチになっていることに自ら気づかないケースが多いですね。

逆に「長崎市長は毅然と北朝鮮の核実験に抗議した」件と、噂されている容疑者の出自(半島系?)を考えれば、逆の可能性だって考えられなくもないわけですから。

また、他にも、「大和ごころ。ときどきその他」さんのように、長崎市が久間防衛大臣の地元であることに着目している方もいらっしゃいます。

久間大臣が気になる:大和ごころ。ときどきその他

メ ディアを疑い、色々調べ考えるという行為は大切で好ましいことです。ただ、自らの主張に反するような報道は、徹底的に調べあげ、反論材料を洗い出すのに、 逆のケースではあまり検証もせず、時には記事を鵜呑みにすることさえあるのは、右派も左派も同じ傾向があるように思います。人間心理としてしかたがない部分もありますが、自分も気をつけなければ、と思っています。

やはり、真実に近づくためには、色々な可能性を考慮し、様々な角度で調べないといけないなぁと、認識を新たにしました。
一つの可能性だけで突っ走るのは、個人レベルではさほど害はありませんが、著名人がこれをやらかすと、冤罪を生みかねませんからね。そういう事例もあるわけですし・・・。

私的には、やっぱりあの事件は政治的・思想的背景は縁がなく、「言論テロ」と呼べるようなものではないと感じております。

それより、マスコミは事件を利用して政府叩きなんかするより、暴力による行政への圧力(脅迫)や、それによる税金流出が全国でどれだけ起きているのか、その実態を調査報道する方が、ジャーナリストとしてするべきことではないですかねぇ?

ところで、テレビ朝日はなぜ、容疑者からの手紙について警察からの提出要求を拒否したんですかね?なにかやましいことがあるんじゃないですかね?
アメリカのNBCが、容疑者が送ったビデオ等の資料を、即FBIに提供したことに比べれば、なんと情けないことか!
(って、海外から見て日本は恥ずかしいという論法は、左派の得意技でしたね(笑))


追伸:本日アクセスカウンターが30,000を超えました。ありがとうございました。次回からは、また特攻隊について書いていこうと思っています。


少しでも参考になったと思われましたら、応援クリックよろしくです<(_ _)>
人気ブログランキング   ブログランキング・にほんブログ村へ    FC2ブログランキング

コメント、TBもお気軽にどうぞ♪


「朝日」ともあろうものが。
烏賀陽 弘道

4198618844
徳間書店 2005-10-22
売り上げランキング : 167602
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

それぞれがそれぞれの立場で分析して意見を表出することは、それが例えとっぴであっても「見方の多様性」を増やすという意味で悪いことではなく、これらの多様な見方が集まることで意見の偏りが打ち消され、正しい結論に近づいていく・・・これがいわゆる「集合知」が成功するパターンです。

詳しくは「「みんなの意見」は案外正しい」(ジェームズ・スロウィッキー)という本をどうぞ(「絶対」でも「必ず」でもなく「案外」というところがこの本のミソ)。

>かせっち さん

久々のコメントありがとうございます。
いいですね、『「集合知」が成功するパターン』。
歴史の史実に近づこうとするときなどは、これがあてはまればよいなぁと、いつも思うのですが、政治的要素や思想が入ったりして、なかなか前に進まないのをいつも歯がゆく思います。

すごく、おもしろそうな本のご紹介、ありがとうございます!割と最近の本なんですね。いつも俯瞰的な見方をする癖のある私には、すんなり入っていけそうな本です。
amazonのレビューを見て、すごく読みたくなったので、早速カートに投入してしまいました(^^
でも最近本をまとめ買いしたばかりなので、注文は夏のボーナスがでてからかな(^^ゞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/377-bb8e238b

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。