「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 中国が反日路線変更?TOP > 外交 > title - 中国が反日路線変更?

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が反日路線変更?   

中国は対日関係改善に動き出したと考えて良いのでしょうか?「魚釣島の日」制定進める運動を中止させたというニュースがありました。中共自身が反日機運を推進していたのにそれとは矛盾するような行動ですね。
「釣魚島の日」投票中止を指示=反日機運封じ込め-中国当局

【北京20日時事】尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する中国の民間団体「中国民間保釣連合会」が「釣魚島の日」制定に向けて進めていたインターネット投票が、当局によって中止を命じられたことが20日分かった。同連合会関係者が明らかにした。
 関係者によると、北京市当局が17日、ネット投票を中止するよう指示。連合会や愛国・反日サイト「愛国者同盟網」のホームページ上で行われていた投票受け付けも、既に停止された。
 中国指導部は対日関係改善に向け、「反日機運」を盛り上げる可能性のある動きを封じ込めた形だ。同連合会は「釣魚島に対する主権を宣伝するため記念日設立が必要だ」などとして、幾つかの候補日から選ぶ投票を呼び掛けていた。 


どうした中国!?(笑)

さすがに反日が行きすぎたと感じて路線変更してきたのでしょうか?
胡錦濤が「条件が整えば、適当な時期に貴国を訪問したい」などと、もったいぶった言い方ながらも歩み寄りと思えないこともない(笑)発言をしてみたり。

権謀術数に長けた中国のことですから素直に喜んじゃいられませんが、中国の態度が変わりつつある(?)今、中国に媚びるような態度は、絶対にしてはなりませんね。次期総理は特定アジアの脅しに屈せず靖国参拝を続けられる人であることを望みます。靖国神社が外交カードになっていること自体、はなはだ不謹慎であり英霊に失礼ではあるのですが・・・。


ところで、「ピーノの独り言」さんのところで見た下記のニュースが思わず笑ってしまいました。台湾の揚げ足を取ったつもりが、自分の足元がすくわれそうになって中国当局が慌てているという記事です。

『中国「陳政権腐敗宣伝」裏目』
中国メディアは「陳政権の腐敗ぶり」を読者に印象づけようと事件を大きく取り上げているが、しかし「台湾の民主政治がうらやましい」といった台湾称賛、中国批判の書き込みがインターネット掲示板に殺到。 事態の拡大を恐れた中国当局は関係者の講演を中止するなど逆に対応に追われている。


中国のネット規制は有名ですが、あっという間に広まる政府批判まではとめられないのでしょうかね?中共政権への不満と民主化への機運は今も確実に存在しているようです。

【追 記】
ネット規制強化の一環とも思われるニュースも出ていました。上記の件も関係しているのかもしれませんね。でも、こんなことで人民の不満を抑えられるのかな?

中国の2検索サイト使用中止…ネット規制強化の一環か
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/34-4fb6e747

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。