「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 航空特攻の命中効果率TOP > 特攻・特別攻撃隊 > title - 航空特攻の命中効果率

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空特攻の命中効果率   

特攻については書きたいと思っていたことが沢山あるので、しばらく特攻関連のエントリーが続くと思います。

さて、「命惜しまぬ日本兵」と言うエントリーでは、「特攻へのレクイエム」という本からの引用で、神風特攻の命中率が11.6%であったと紹介しましたが、去年のニュースで米国立公文書館の米軍機密資料には56%という数字が出ていた、というのを忘れておりました。元々の記事がネット上では見られなくなってしまったようなので、「散歩道」さんのエントリーから引用させて頂こうと思います。


旧日本軍の航空特攻作戦、命中効果率は56%=予想以上の戦果-米軍機密文書

 太平洋戦争末期、劣勢の旧日本軍が多用した航空機の体当たりによる米艦への特攻作戦で、米軍が至近自爆を含む特攻機の命中効果率を半年間で56%と算定 し、日本側推定を大幅に上回っていたことが、米国立公文書館に保管されている米軍機密資料で分かった。日本側は特攻初期のフィリピン海域での特攻命中率を 26~28%と推定していた。
 戦史家の原勝洋氏が入手したこの資料は、未公開分を含む米側撮影の特攻写真340枚とともに、15日発売の「写真が語る『特攻』伝説」(原勝洋著、KKベストセラーズ社)で公表される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000162-jij-int (← 現在この記事は削除済みでした)

最初に紹介した11.6%という数字は「命中率」で、記事にあるのは至近突入を含む「命中効果率」です。「特攻へのレクイエム」では、至近突入を含めた数字は17.3%と書いてありました。しかし、それと比較しても米軍資料で書かれている数字は随分高いですね。

知覧の特攻平和会館には語り部の方がいらっしゃるのですが、一番最初に強調されていたのは、『特攻隊とは「決死隊」ではなく「必死隊」である』ということでした。

「決死隊」とは、死をもおそれぬ覚悟、ということですが、「必死隊」は「必ず死ぬ」という意味です。「出撃イコール死」です。出撃命令を待つ間の隊員の心境はいかばかりか・・・。それは隊員達の遺書や、生き残った元隊員の方達の証言から思い描くことしかできませんが、自らの死を覚悟し決意した中でも、隊員達が一番おそれたのは、目的を果たせず途中で撃墜されてしまうことだったとか。それを思えば、命中効果率が予想以上に高かったというのは、少し救われる気もします。(もっとも、命中は米軍側に死者がでるということでもあり、どちらにしても悲劇には違いないのですが)

今日ご紹介する動画は、出撃前の特攻隊員の様子が中心のものです。出撃直前ばかりでなく、食事や洗濯、そして子犬と遊ぶシーンなどがあります。
昨日と同様、貼り付けてあるGoogleVideoのものより高画質の動画がDivX Stage6の方にありますのでこちらもリンクを貼ってておきます。

Kamikaze Attack Force(DivX Stage6 高画質版)

Kamikaze Attack Force(5:43)


このような貴重な動画を編集しネットにアップされる方にも敬意を表したいと思います。

少しでも参考になったと思われましたら、応援クリックよろしくです<(_ _)>
   ブログランキング・にほんブログ村へ   

コメント、TBもお気軽にどうぞ♪

特攻へのレクイエム
4120031675
工藤 雪枝


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

写真が語る「特攻」伝説―航空特攻、水中特攻、大和特攻
458418979X
原 勝洋


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

命中率

航空特攻の命中率は前半はかなりいいもので、沖縄のものでは約一割と聞いてました。50年ぐらい前の映像で図書館で借りることができましたが、米軍が撮影した映像でおそらく沖縄戦のものをみましたがすさまじいですね。

>さきさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
そうか、図書館でもそういう映像を貸りられますね。
もう今頃は鹿児島でしょうか?知覧・万世に行ったら感想を聞かせて下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/322-4ef7869c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。