「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 米軍に救助された特攻兵(「Cappy Haradaの手記」より)TOP > 特攻・特別攻撃隊 > title - 米軍に救助された特攻兵(「Cappy Haradaの手記」より)

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米軍に救助された特攻兵(「Cappy Haradaの手記」より)   

今日はちょっと時間がないので、ネット上からのコピペです(;^^A
特攻に失敗して米軍に救助された神風特攻兵についてのエピソードです。あちこちに貼られているので既にご存知の方も多いでしょうが、私のメモ代わりにエントリーしておきます。

Cappy Haradaの手記

私は情報将校としてこの攻撃を目の当たりにしました。
同じ日本人の血が流れている者として、突っ込んでくる勇気に涙しました。
特攻を見ての衝撃は私の人生を変えました。

水平飛行で突っ込んでくるゼロに浴びせる銃弾はありません。
フレンドリーファイヤー(同士討ち)を引き起こします。
もう見守るしかありません。
これで終わりかと思ったとき波が翼にかかったのです。
ゼロが波間に横転したのです。
私は死んだであろうパイロットに敬礼しそうになりました。
しかし、米軍の将校としてそれは出来ませんでした。

と、双眼鏡を覗く監視員が、パイロットが生きている、というではないですか。
私は思わず撃つなと叫びました。
憎悪と恐怖で撃ってしまうのではないか、と恐れたのです。

でも、それは杞憂に過ぎませんでした。
パイロットは沈み行く愛機に乗って、米軍艦に敬礼しているというのです。
そのパイロットを撃つアメリカ軍人はいません。
救助してくれと私は懇願しました。もちろん米軍はそのつもりでした。
しかし、パイロットは愛機とともに運命をともにするつもりでしょう。
時間がない。銃で撃って傷つけてでも救うかという意見が出た。

その時、パイロットの意識が切れたのか敬礼しなくなった。
ボートが出されパイロットが拾われた。
驚いた。少年兵だった。
情報将校である私の前に連れてこられた少年航空兵はしくじったことを泣きました。
タバコを与え、落ち着くのを待ちました。しかし、拳銃を貸せと言いました。
どうすると聞くと自決するというのです。それから号泣しました。

翌日の尋問も同じでした。鎮静剤を与えました。
三日目、「もう生き残ったのだ。これから生きると言うことを考えたらどうだ」、と言いました。
すると、「存分に生きた」、というではないですか。
そして、「もう一度、生きるなら飛行機を一機くれ」、と私に言いました。
「何に使う?」

「もう一度、特攻をかける、そして戦友の後を追う。悠久の大義に生きる」

と言ったのです。私は衝撃に震えました。
その日から、私はCappy Haradaから原田恒男に戻ったのです。
戦後、私は東京に進駐しました。
そして日本のプロ野球を復興させていただいた。
高校野球を復興させてもらいました。
戦後初めて、後楽園に日章旗と君が代を甦らせました。
私の耳には、「もう一機、飛行機をくれ」と言ったレイテでの少年兵の声が今もあるのです。

生き残った私はイチローを追い、松井を追いかけています。
でも、目をつぶるとこの若者と少年兵が重なります。

カモン・ジャパンボーイ。私の誇りだ。

by Cappy Harada
[キャピー原田:Cappy Harada]

日系アメリカ人。日本名:原田恒男。

ダグラス・マッカーサー元帥に仕え、親善野球を通じて終戦後、アメリカ占領下にあった日本の傷を癒すのに尽力した。
のちにニューヨーク・ジャイアンツ(現・サンフランシスコ)でスカウトなどの職を経てシカゴ・カブスのマイナー、ローダイ・クラッシャーズのGMとなり、‘66年には「スポーティング・ニューズ」誌により最優秀GMに選出されている。
かつてのマッカーサー元帥の側近で現在、83歳。
(注:ソースが不明なので「現在」がいつなのか不明。2005年時点で「今もなお健在」と書かれたところはありました)
昭和24年に後楽園で初めて日の丸を揚げた男。
巨人軍名監督水原茂をシベリアから奪還。
「水原、ただいま還りました」は、この人が居なかったら不可能だった。
戦時中は、敵国語(日本語)情報将校として最前線に居たという。  


「手記」とあるからにはどこかに出典があるはず、と思い色々さがしてみたのですが見つけられませんでした。ということで出典不明で(2チャンネル説あり)、あえてお断りしておきますが真偽は定かではありません。(もしご存じの方がいらっしゃったらコメント頂けると幸いです)

また、この手記と一緒に貼られていることの多い神風特攻隊の動画を、私も貼っておきます。なお、エントリー内に貼ってある動画はGoogleVIdeoのものですが、これの元となったと思われる、より鮮明な動画がDivX Stage6の方にありましたのでこちらもリンクをご紹介しておきます。

MV Sakura (DivX Stage6 高画質版)

動画が鮮明な方が、あの時代がそれほど遠い昔の話ではなかったことを実感できるように思います。再生にはDivX Playerがインストールされている必要があると思いますが(たぶん)、フリーでダウンロードできます。→ DivX for Windows 6.5.1

さくら Sakura(6:49)


・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう一つ、感動的な話の後にはふさわしくないかもしれませんが、やはり特攻に失敗して一命を取り留め、米軍艦艇そばの海面を漂う特攻兵の映像を下記に貼っておきます。彼は手榴弾で自決するのですが、その瞬間も映し出されています。艦上で拳銃を持っている米兵と銃弾が撃ち込まれたような音と水しぶきが気になりますが、ナレーションでは「救助しようとしたが、彼は手榴弾を引いた(英語)」としています。
最初にこの動画を見たときは、生きていた特攻兵を米兵が射殺したのかとも思いましたが、爆発音と水しぶきが拳銃によるものとは違うように思えますので、ナレーション通り手榴弾で自決したというのが真相なのかも知れません・・・。

※衝撃を受ける方(映像的よりもむしろ精神的に)もあると思うので、注意して自己責任でご覧下さい。

Japanese Kamikaze pilot survives! (0:23) 


このエントリーに何か感じるところがありましたら、クリックお願いします<(_ _)>

   ブログランキング・にほんブログ村へ   

コメント、TBもお気軽にどうぞ♪
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

今、平和で豊かな日本で暮らせるのも、身を挺して日本の為に戦ってくださった方々のお陰です。
どうして、私たちはその人たちのことを忘れてしまったのでしょう。
忘れさせられてしまったのでしょう。
いまこそ想い出し、祖国日本に対する誇りを取り戻さなければなりません。
その為にはより多くの事実を知ることです。
特攻隊の映像、
ありがとうございました。

>yuyuさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

>今、平和で豊かな日本で暮らせるのも、身を挺して日本の為に戦ってくださった方々のお陰です。

そうですよね。ただ、私は割と最近まで観念的に捉えていたんです。日本のため、日本の未来を思って戦って亡くなったのだから、後世を生きる我々は感謝しなければならないと・・・。
しかし、神風特攻隊や硫黄島の戦いがアメリカを震撼させ、具体的に計画していた日本本土決戦を考え直した。その結果、大空襲や原爆はあったけれども、本土決戦があったドイツやポーランドほどの犠牲者を出さなくてすんだ、という具体的効果があったことを知って、認識を改めました。
「本当に命を賭して多くの日本人を救ってくれた」のだと。

よろしければ下記の一連の過去エントリーをご一読下さいませ。上述したことが分かって頂けると思います。
ぜひ、またいらしてくださいね。

大東亜戦争中に始まったアメリカの対日占領政策
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-306.html

アメリカが計画していた日本本土決戦
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-310.html

アメリカが計画していた日本本土決戦-2
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-311.html

硫黄島、沖縄戦は米軍の「敗北」!?
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-312.html

命惜しまぬ日本兵
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-313.html

キャピーさん

キャピーさんの本が出てますよね。「プロ野球を救った男・キャピー原田」というタイトルでソフトバンク出版からでています。すごく面白くて素晴らしい本でした。戦前、前後の細かい情報も盛り沢山で勉強になりました。

彼らの犠牲に応えるためにも、二度と彼らに続く特攻を出してはいけませんね。それが、彼らのあまりに尊い犠牲の上に生きる我々の使命です。
いつか、全世界からあらゆる戦争が無くなることを願って。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/320-d3b88986

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。