「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 『特攻 最後の証言』より -本当は人道的な兵器だった人間魚雷 回天-(再掲)TOP > 特攻・特別攻撃隊 > title - 『特攻 最後の証言』より -本当は人道的な兵器だった人間魚雷 回天-(再掲)

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特攻 最後の証言』より -本当は人道的な兵器だった人間魚雷 回天-(再掲)   

FC2の不具合なのか、2/20のエントリー「『特攻 最後の証言』より -本当は人道的な兵器だった人間魚雷 回天」-が最新の記事リストに表示されなくなってしまったようです。「CATEGORY」や「過去ログ」からもなくなってしまいましたが、記事自体はFC2サーバー上に存在していました。記事へのURLをダイレクトに叩くと表示されます
↓↓↓
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-314.html

このままではせっかく書いたエントリーが埋没してしまいますので、このエントリーで再掲いたします。申し訳ございませんが、元々のエントリーと、戴いていたコメント/レスは、上記URLをクリックしてご覧下さい。
(コメントいただいていたくわっぱ上等兵さん、さきさん、すみませんでした<(_ _)>)

【さらに追記】


上記のエントリー直リンクも、その後消えてしまったようです。
いただいていたコメントは本エントリーに私の方で再掲させて頂きますね。投稿日時は変わってしまいますが・・・。
----------

昨日の「命惜しまぬ日本兵」を読み直してみて、一エントリーとしては少々長すぎたかな、と反省しております(^^ゞ 。読みづらかったかも知れませんね。すみませんでした。ただ、「日米戦争と戦後日本」を読んで一番強く印象に残ったのが、日本軍の必死の反撃のおかげでアメリカは計画していた日本本土決戦計画を再考する事になったという点でして、そう言う意味では戦後を生きる日本人は、英霊達に感謝すべきではないか、というのが一番私が言いたかったことなんです。



特攻関係ではもう一つ、最近読んだ「特攻 最後の証言」と言う本から印象に残った箇所を少し引用しておこうと思います。生き残った特攻兵器の搭乗員に取材した本で、インタビュー形式で書かれています。下記に引用するのは「回天」搭乗員だった小灘利春さんのお話です。

P.47~
ソロモンを獲られ、マリアナを獲られ、日本はもう防波堤のない状態になっていました。アメリカはいつでも日本本土に上陸できる。もし本土で陸上戦闘になれば、日本の国民も国土も文化も全てが失われると思いました。しかし何とかアメリカの上陸を止めたいと思っても、その方法がない。船や飛行機はどんどん消耗している。
(中略)
日本を守るためには非常の手段を使っても、アメリカの上陸を阻止しなければと思っていましたから、「人間魚雷」の一言で、これこそアメリカの上陸を止める非常の手段だと思いました。聞いて喜んだんです。潜水学校からは私を含めて7人行きましたが、7人が一様に喜びました。
我々は命を失わなければならないが、その代わりに千倍、何千倍の日本人が生き残る。日本民族をこの地上に残すためには我々が死ぬしかない。それができるなら命は惜しくないと、その瞬間に悟りました。その夜、遅くまで将来の期待を語り合ったものです。その時の気持ちは今でも変わりません。

現代では想像もできないような話ですが、現代の感覚で当時の若者をあれこれ批評するのは避けたいと思います。それよりも、逆にあの時代を生きた小灘さんの様な方が批評する「現代」については、耳を傾ける意味があると思います。
本当は人道的な兵器だった人間魚雷「回天」(P.75~)
『戦後の世の中は本当に便利になりましたね。しかし同時に昔の日本の良さがどんどん消えてしまったように思います。たとえば警察官にしても消防士にしても、人のために尽くす仕事が軽蔑される世の中になってしまった。極端な例は自衛隊。税金泥棒なんて言われて。自身のためでなく、多くの人に尽くす職業がなぜ評価されないのか。戦後は教育が誤っている気がします。それが占領軍の方針だったのでしょうが、彼らにしてみれば予想以上の効果があったのではないですか。私は日本人は優秀な民族だと思ってましたが、あまり自分でものを考えなくなってしまったと言うか、お百姓的な発想になってしまいましたね。自分で考えて自分で行動するのではなく、人がやっていることに自分が合わせりゃいいという考えに。』

-若い人達に、これだけは伝えたいということがあればお聞かせ下さい。

『いろいろありますが、今の話ともつながりますが、多くの人に尽くすのが尊いと考えず、自分さえ良ければと思っている。そういう国は滅ぶと私は思っています。
私は回天は非人道的どころか、人道的な兵器だと思っているんですね。一人の身を捨て、その代わりたくさんの人を助ける本当の意味での人道的な兵器だと思うのです。戦後の新聞はやれ、愚かな戦争とか愚かな特攻隊員などと書きたがりますが、回天に限らず特攻隊員は皆、とにかく日本人をこの地上に残したい、そのためには自分の命は投げ出しても良いと納得した上での捨て身だった。そう言う多くの人に尽くす人を評価し、敬わなかったら、誰が人に尽くすようになりますか。


昨年の夏、知覧や万世の特攻の展示を見てきたことを書きましたが、それ以来、昭和の戦争のこと、特に特攻についてもっと知りたい、そしてより多くの人にも知って欲しいという思いが私の中にあります。それは、現代の日本に生きる私達が、感謝の気持ちを忘れてはいけない人達だから・・・。

再掲のついでなので補足しますが、「回天が人道的な兵器」というのは小灘さんの考えであり、私の意見ではありません。また、神風特攻隊や回天の搭乗者が全員そう思っているというわけでもありません。あの時代に精一杯生きた方が、なぜ自らの命を捨てる事さえ躊躇わず、今もなおあの兵器を「人道的」とまで言えるのか、・・・そこに想いを馳せて頂ければと考えご紹介したということです。

下記に、女優の堀北真希さんが万世特攻平和記念館を訪れたときの番組の動画を貼っておきます。私が万世特攻平和記念館の存在を知るきっかけになった放送でした。動画の終わりの方の彼女の独白には共感させられます。

少しでも参考になったと思われましたら、応援クリックよろしくです<(_ _)>
   ブログランキング・にほんブログ村へ   





特攻 最後の証言

4757213034
『特攻・最後の証言』制作委員会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 


その先の私を見に。~少女と鉄道 九州篇~堀北真希
B000BU6Q0W
堀北真希


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

(管理人再掲コメント)
いやー、大変感動しました。

特に私ら団塊Jr世代はモノを考えなくなっているし、命を懸けて国を守った英霊を敬えないことがどれだけ社会に歪みを生じさせているか、またそれすら考えていない人が多いとつくづく感じます。

当事者意識がないというか、祖父の世代が歩んだ歴史に対して興味がないというのが不思議でならないことがあります。
私なんかが戦前の歴史に興味を抱くのは、ただ私が大好きだった祖父の経験した歴史を知りたいだけなんですがね。

要領を得ないコメントで失礼しました。
また、遊びに来ます。
大変ためになりました。

(管理人再掲コメント)
こんにちは。先日は私のブログにコメントいただきましてありがとうございました。来週に知覧に行きます。特攻のこと、戦争のことをもっと多くの人に伝えたい気持ちは同じです。靖国神社の崇敬奉賛会でもそのような活動もなさっているようです。またお邪魔しますね。

>くわっぱ上等兵さん

(再掲コメント)
コメントありがとうございます<(_ _)>
本の引用と読書感想文に毛が生えた程度の拙Blogですが、感動して頂けたとのこと、嬉しく思います。

>当事者意識がないというか、祖父の世代が歩んだ歴史に対して興味がないというのが不思議でならないことがあります。

何かの本にありましたが、戦中世代とその子供(団塊の世代)というのは、戦争の悲惨な記憶が生々しいため冷静にその歴史を直視できないが、さらにその子供の世代になると、感情論よりも冷静に歴史を見つめることができるようになる・・・と書かれていました。

また、ネットが普及していない時代は、戦争時代の情報に触れるの為には本を買うか図書館で借りるなど自ら関心を持って積極的に動く必要があったというのもあると思います。
余談ですが、去年の8月15日に靖国神社に行った時、どんな人達が来ているのだろうと、まわりの参拝者を眺めてみたのですが、不思議なほど「団塊の世代」の年齢層が見あたらなかったんです。

こんな風に考えると、やはりギリギリ血のつながりを実感できる今の若い世代が後世に伝える役割をしっかり果たさなければならないのかなぁと思いますよ。

くわっぱ上等兵さんのBlogもなかなか興味深いですね。時間のあるときにゆっくり拝読させて頂こうと思います。
また拙BLogの紹介とリンクもして頂けたようで、ありがとうございました。
私の方もリンク貼らせて頂きました。今後ともよろしくお願いしますね♪

>さきさん

(再掲コメント)
こちらこそコメントありがとうございます♪
知覧に行かれるのですね。私は昨夏に行ってきたのですが、展示を見ている間は涙が止まりませんでした。大の大人の男がボロボロ泣いているのも恥ずかしいので、途中で何度かトイレに避難したくらいです(^^;

そう言う意味ではこのエントリーに貼ってある動画の万世特攻記念館の方が来館者も少なく落ち着いて見学できました。
(知覧から万世までは車で1時間くらいだったかな?)

さきさんのような若い方が戦争や特攻の事に興味を持ち、自らの足も使って歴史を知ろうとすることはとてもすばらしいことだと思います。あの戦争でなくなった方の想いは決して無駄にはなっていないんだ、そう思えてきます。

どうかお気をつけて行ってきて下さいね。
さきさんのところもリンクを張らせて頂きました。是非また遊びに来て下さい。

トラブルが発生したみたいで大変でしたね。
大丈夫です。早速、新しいURLにして、ここのページに飛ぶように変更しました。
まずは、ご報告まで。

>くわっぱ上等兵さん

すみません、お手数をおかけしました。

何度よんでも涙が止まらない・・・

こんな深夜に・・・・人知れず泣いてます。
小瀧さんのコメント、ほんとうに人として偉かったね・・・と。

中学生の頃から、歴史に対する疑問を持ちつつも、工業系の人間ですから。あまり大した勉強もせぬまま40歳になってしまいました。
激動の経済情勢の中で、海外移転や日本回帰など振り返ってみれば、私の人生にもいろいろな事がありました。

現代史・・・・特に戦争における人の消耗率が硫黄島で1:1になった時にターニングポイントがあったという言うお話は初めて知りました。

子供の幼稚園PTAなどで、人前に立つ機会も増え、地域の指導的な立場を担う年頃になって・・・最近再び歴史への興味が強くなってきました。
ネットだといろんな文献が読めて大変便利ですね。地方に住んでいるので大きな本屋さんがなくても、このような有益な文献が読めることに感謝しています。これからもよろしく読ませて頂きたいと思います。

>せきさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

>歴史に対する疑問を持ちつつも、工業系の人間ですから。あまり大した勉強もせぬまま40歳になってしまいました。

私などはもっとひどくて「歴史」は暗記だけの学科と思っていました(汗)。「日清戦争と日露戦争ってどっちが先でどっちが後?」ってな感じです。勉強の必要性を感じたのは、中国の反日デモ、という、つい最近のことなんです。

特攻については、拙Blogの右上に貼ってある「真実はどこに・・・」のフラッシュにあるように、「敗戦はハッキリしていても日本を守るために命を惜しまず戦った若者がいた」という事実を後世に残すため、日本の復興を願って散っていった・・・そう思っていました。だからその想いを大切にしなければ・・・。どちらかというと、そんな感傷的な捉え方をしていました。

しかし、「日米戦争と戦後日本」を読んでいて、彼らがアメリカの戦略・政略に具体的に影響を与えたことを知り、「彼らのおかげで今の日本がある、今の私達がいる」ということを明確な事実として知ったとき、通勤電車の中で読んでいたのですが涙が止まらなくなってしまいました・・・。

>ネットだといろんな文献が読めて大変便利ですね。

私もこのブログを始めた頃は、ネット上でいろいろ調べて初めて知ったことが沢山あり、またネットに色々な情報をアップしている人達にとてもお世話になりました。それからいろいろな本も読むようになり、これは少しでも多くの人が知った方が良いのではないかと思ったことを、引用して書くようになりました。このブログのスタイルは、相互リンクさせて頂いていている「反日ワクチン」さんのおかげです。

本は買うか借りるかしないと読めませんが、ネットなら知りたいことを検索していつでも読めますからね。拙ブログでも、少しでもお役に立てればとても嬉しいです。

仕事の関係で、たまに更新が突然止まったりしますが(苦笑)、ぜひまたいらして下さい<(_ _)>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/317-706c2cd6

回天

回天回天(かいてん)とは、人間が魚雷に乗って直接操舵し、敵艦に体当たりして敵艦を沈めるという兵器。第二次世界大戦中、大日本帝国海軍で特攻兵器として用いられた。人間魚雷、的(てき)、〇六(マルロク)との別称もある。「回天」という名は、「天

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。