「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 阪神淡路大震災の時の村山首相TOP > 政治 > title - 阪神淡路大震災の時の村山首相

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神淡路大震災の時の村山首相   

今回からは、いつもの歴史の勉強のエントリーにしようと思っていたのですが、前回、前々回のエントリーに「阿部知子」で検索して来る方がとても多かったので、もう一度だけ阪神淡路大震災の時のことについてエントリーします。それに、下記のブログを拝見して、被災した方の阿部知子議員への怒りの大きさを伝える必要があるとも思ったので。。。
阪神淡路大震災と神戸ルミナリエ・神戸の観光・復興・防災ブログ

ご存知のように、社民党(社会民主党)の阿部知子衆議院議員のコメントは更新されておりますが、わたくしは納得が行かず、悔しくて悔しくて、涙が止まりませんでした。

  generated by feedpath

当時、私には関東以西には親戚も知人もいなかったので、直接被災した人と話したことはないのですが、それでもあの発言には本気で腹が立ったわけです。被災者の方にとってはどれだけ悔しいことか・・・。

上 記ブログの管理人さんは、阿部議員に質問状を内容証明郵便で送ったそうです。ほかにもそう言う行動を起こした方もいるようですし、マスコミや自分のサイト を持っている著名人にこのことを取り上げるように依頼している方もいるようです。そして、昨日は初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏がご自分のサイトに意見を書かれましたので、引用紹介します。

コメント欄にて私の誤解を御指摘頂きました。上記ブログの管理人さんは内容証明郵便は送られていないとのことです。お詫びして訂正いたします。
佐々淳行 Website「 阿部知子議員の発したメッセージについて

災害時も含め、国民の生命・身体・財産を護るのは国家の最大の任務であり、その長は言うまでもなく内閣総理大臣なのです。
犠牲者6434名をだし、約10兆円の国富を灰燼に帰した責任がどこにあるのかは、明確でしょう。

現在、20代前半くらいの方は、あの震災時は10歳前後ですから自信の被害は知っていても政治問題には関心無かった人がほとんどでしょう。だから、なぜこれだけネットで騒がれているのか理解しづらいかも知れませんね。
あの時、どんな対応があったのかを時系列でまとめたものを紹介しているブログはたくさんありますので、具体的にはそちらをご覧戴いた方がよいかと思いますが、もう一つ、当時の様子と村山首相の無作為ぶりを記したものがありますのでご紹介しておこうと思います。

新進党阪神大震災現地特別対策本部長

リンク先は、自由民主党の国会対策委員長 の二階俊博議員のサイトです・・・・そう、媚中派で売国奴の呼び声高い(?)二階議員です(-_-;)
私も最近知ったのですが、震災時は、現地特別対策本部長だったんですね。

二階議員のサイトを紹介するのは不本意ではありますが、下記に引用する文章は村山首相への批判としてはまともなものなので一部引用して紹介することにしました。ちなみに、文章は政界に通じていると云われる大下英治氏によるものです。
一月二十日、通常国会が招集された。二階は、衆議院本会議で新進党の代表として「兵庫県南部地震」についての緊急質疑に立った。
二階の「地震を知ったのは、いつか」という質問に対し、村山首相が答えた。
「こ の地震災害の発生直後の午前六時過ぎのテレビで、まず第一に知りました。直ちに秘書官に連絡をいたしまして、国土庁等からの情報収集を命じながら、午前七 時三十分ごろには第一回目の報告がございまして、甚大な被害に大きく発展する可能性があるということを承りました……午前十時からの閣議におきまして非常 災害対策本部を設置いたしまして、政府調査団の派遣を決めるなど、万全の対応をとってきたつもりです」

しかし、地震発生当日の午後零時五十分、村山首相は記者団に対し、「七時半に秘書官から聞いた」とコメントしている。
二階は思った。
〈七時半に知ったのでは、都合が悪いとでも思ったのか。しかし、それにしても午前六時に知り、午前七時半に報告を受けたというなら、その一時間半、いったい何をやっていたのか。国家の最高責任者としての自覚がなさすぎる……〉

二階がかつて運輸政務次官だったときのことである。気象庁の新・旧の長官と懇談する機会があった。そのとき、新長官が真剣な表情で打ち明けた。
「次長のときは、上司の命令で動けばよかった。しかし、これからは、たとえば関東大震災級だといわれる東海大地震が発生すれば、混乱を未然に防ぐため、新幹線を止め、東名高速道路をストップさせることを総理に進言する責任が自分に持たされる。ずしりと重いものを感じます」
かれのような責任の重大さを村山首相は感じているのか。総理大臣たるもの、国民の生命、財産をおびやかす戦争や災害の発生に対する危機管理は、常に考えていなければならない。ところが、村山首相は、翌十八日の朝八時から呑気に財界人と会食している。

二階のもとに、被災にあった人の友人と称する人から電話があった。その人は隣の住人と共に生き埋めにあい、懸命に「助けてくれ」と叫び続けた。だが、隣人の声は、三日目にして途絶えた。自分は幸いにして四日目に自衛隊に助け出されたが、あと一日早く救助されれば隣人の命は奪われなかったという。

二階は地震発生当初、村山首相をはじめ政府与党がもっと機敏に迅速に対応していれば、一〇〇〇人から一五〇〇人の死者は救えたのではないかと思っている。

しかし、村山首相は自衛隊そのものにこだわった。た しかに自衛隊法には、「自衛隊は知事からの要請がないと出動できない」と記されている。が、自衛隊の最高指揮官は首相である。必要を感じれば、災害対策基 本法の百五条に基づく各種の強制的な規制など総理に権限を広く集め、効力のある「緊急災害対策本部」を早急につくれる。そうすれば蔵相の了解なしに予備費 の支出もできた。とりあえず、食費などの資金的援助が迅速にできたではないか。

(中略)

〈首相は広く意見を聞くことも大事だ。しかし、もっとも大事なのは、それを国の最高責任者としてどう決断するかだ。首相は、国のため、国民の安全を守るため、過去のしがらみにとらわれず、自分で決断する。そうすれば災害対策もスムースにいったはずだ〉
村山首相は国会で、「万全の策だった」と答弁した。
二階は激しい怒りをおぼえた。
〈これほど、間違いだらけのことをしていて、どこが万全の策なのか。国民に素直に詫びてほしい。そして、これまで自衛隊は違憲だと言っていたことに対して、悪かったと頭を下げてほしい。いまになって、自衛隊の対応が悪かったなどというのは、大間違いじゃないか〉


(中略)

二階は阪神大震災における村山政権の無責任極まる対応に憤りを感じている。
政府や兵庫県や神戸市等の役人は、不眠不休の状態で懸命になって復興作業に尽力している。いまだに家に帰らず、役所に寝泊りしているものも多い。そういう状況のなかにあって、政治は今後の災害復旧の財源対策について決断しないといけない。しかし、村山政権は難しい問題をすべて先送りしている。
読んでわかるとおり、二階本人が書いた文章ではないので(大下英治氏の文)、果たして本当に上記のように感じていたかどうかは誰にもわかりませんが(苦笑)、村山総理に対する批判は的を射ていると思います。

当時のことをよく知らない方も、これで今回の阿部議員の発言がどれだけ被災者の感情を害するものであるか、なぜネットで騒ぎになっているのかかがよくわかるのではないでしょうか。。。



少しでも参考になったと思われましたら、応援クリックよろしくです<(_ _)>
   ブログランキング・にほんブログ村へ   

コメント、TBもお気軽にどうぞ♪
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。ブログ紹介有難う御座います

はじめまして。

ブログの紹介、有難う御座います。
まずはじめに、ひとつだけ修正をお願いしたいのです。それは、社民党の阿部知子衆議院議員に内容証明郵便を送ったのではわたくしではなく、リンク先のブログの管理人様です。

内容証明郵便というのは、はがき・封書・ファックス・メール・電話と違って法的に有効な手段でありますが、配達されたからと言って、受取人(この場合社民党の阿部知子議員)が読んだ確認はとれず、差出人に返事を必ずしないといけないわけではないと、わたくしは認識しております。

阪神大震災・阪神淡路大震災を12年間欠かさず追い続け、ブログでは5年前から書き続け、FC2ブログでわたくしのところで一番検索が多いのは、「阪神淡路大震災(阪神大震災)」であります。

今回の事は、たった1ページの文章で、ましてやあの内容では、説明責任を果たしたとは、到底言えたものではないと、わたくしは感じております。

こんにちは。

はじめまして。m(_ _"m)

足あとから訪問させていただきました。

ほんとにもうシャミントーの議員には、あきれるばかりです・・・o(`ω´*)o

あと、勝手にリンクさせていただきました・・・m(_ _;)m

> welovekobeさん

私の誤解があり大変失礼いたしました。ご指摘箇所を訂正いたしました。

>今回の事は、たった1ページの文章で、ましてやあの内容では、説明責任を果たしたとは、到底言えたものではないと、わたくしは感じております。

まったく同感です。結局国民の方を全然向いていないし、国民のために何をすべきかがわかっていないとしか思えませんね。

>みゅーさん

こちらこそはじめまして。
捨民党という当て字を使う方がいますが真実を表していますね。

リンクありがとうございました・・・って拝見したら拙ブログがリンク第1号のようで・・・光栄です(^^ゞ

TBさせていただきました。

 この阿部知子議員は、TVでもいろいろ言っている方ですね。
 今回の件は、確信犯だと思いますが、サヨ姫連の例に漏れず、読めないんですね事後の展開が!
 自ら、自党の名誉党首の泥だらけの顔に上塗りするんですから。

 勝手ながらリンクを張らせて頂きました。
 事後報告で失礼致しました。

>tonoさん

TBありがとうございました。

私の方でもリンクtonoさんのところへのリンクを追加しました。
これからもよろしくお願いしますね<(_ _)>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/288-a78a9863

社民党の阿部知子議員、虚しい言い訳で墓穴を掘る。

 私は、阿部知子議員のHPやメルマガの「カエルニュース」での主張に対して、多くの方が問題視していたのは以下の部分だと認識している。 『阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。