「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - アメリカの日本人収容所の動画TOP > 日本近代史(戦争) > title - アメリカの日本人収容所の動画

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの日本人収容所の動画   

日本史から見た日本人 昭和編―「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎から引用紹介するエントリーを再開したいと思いつつも、なかなかエントリーを書けずにすみません<(_ _)>

その代わりと言っては何ですが、「大東亜戦争の外的要因-アメリカの人種差別政策」という一連の過去エントリーの関連資料として、日本人収容所の動画を紹介しておこうと思います。


第二次大戦中のアメリカの日本人収容所についてはあまり語られることもないようですし、私自身も知識がほとんどありませんでしたが、当時のアメリカが作成した映像がネットにありましたので。

収容所への移動や収容所内の様子は意外にものどかで平和的な印象を受けましたが(アメリカ政府機関が作成したからでしょうが・・)、このように日本人移民が収容所に集められ、所々で映される銃を持ったアメリカ兵や何にもない周囲の風景は、そこが確かにアメリカ社会から隔絶された「収容所」であることを認識させられます。

※ 少々長い動画なので、ネットの環境によっては読み込みに時間がかかる場合があります。

Relocation Camps (9分9秒)


WWII Us internment camps for Japanese(18分4秒)
 

これらの映像には現れない日本人収容所の実態の一部をWikipediaの「日系人の強制収容」から少し引用しておきます。


彼らは何の補償も得られず、家や会社、土地や車などの資産を安値で買い叩かれ、これまで従事していた仕事も失うことになった。中にはすべての財産をこの強制収容によって失ってしまった人もいた。この様な状況で僻地にある粗末な強制収容所に収容された日系人の不満は鬱積し、強制収容所内ではハンガーストライキや傷害事件、暴動が多発した他、脱出しようとし射殺されたものもいた。
わずかな手荷物だけしか手にすることを許されず、着の身着のままで強制収容所に収容された日系人及び日本人移民は何の補償も得られず、家や会社、土地や車などの資産を安値で買い叩かれただけではなく、中にはそのまま放棄せざるを得ず、全ての財産をこの強制収容によって失ってしまった人もいた。
参考リンク
日系人の強制収容(Wikipedia)

関連エントリー
大東亜戦争の外的要因-アメリカの人種差別政策-1
大東亜戦争の外的要因-アメリカの人種差別政策-2
大東亜戦争の外的要因-アメリカの人種差別政策-3

日本史から見た日本人 昭和編―「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎
渡部 昇一
4396312024

少しでも参考になったと思われましたら、応援クリックよろしくです<(_ _)>
   ブログランキング・にほんブログ村へ   

コメント、TBもお気軽にどうぞ♪

 

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/275-c1e5feac

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。