「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - タウンミーティング問題の続きTOP > メディアリテラシー > title - タウンミーティング問題の続き

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タウンミーティング問題の続き   

昨日のエントリー「タウンミーティングを請け負った朝日広告社は朝日新聞のグループ企業 」の補足です。

産経のiza!で記者ブログを書いている阿比留瑠比氏が、「タウンミーティングと朝日広告社と私の感想」というエントリーで取り上げていたので、少し引用してご紹介しておきます。朝日広告社の言い訳と電通との費用の差にご注目あれ。


それで、内閣府が契約した相手はというと、朝日広告社電通です。朝日広告社は約3年間、電通は1年半、このTMの手配を仕切っていました。社名を見れば分かる通り、朝日広告社は朝日新聞の関連会社ですね。

 今朝の朝日はこの朝日広告社の言い分について、TMに携わるのは実績や国とのパイプ作りが主目的で、「営業経費を差し引くと、ほとんど利益はない」とのコメントを載せています。ふーん、そうですか。でも、社説で開催経費が高いなどと言えた義理かなあ。

 平成14年度は、前期は朝日広告社、後期は電通がTM事業を請け負っているので、両社に支払われた金額(単価)と項目について、ここで紹介します(タウンミーティング調査委員会資料から、単位は円)

                  朝日広告社      電通
 ・空港・駅での閣僚送迎   29000       5000
 ・会場における送迎      29000       5000
 ・エレベーター手動      29000       5000
 ・控え室までの誘導      29000       5000
 ・閣僚控え室連絡要員    29000       5000
 ・警備員             20000      18000
 ・受け付けとクローク    130000       50000
 ・記者会見場の机と椅子  150000      20000
 ・場外看板           100000      30000
 ・ステージ上吊り看板    190000      80000
 ・進行台本作成        100000      150000
 ・内閣府との事前調整    760000      940900

 朝日広告社の方が、たくさんお金を受け取っていますね。電通が安い見積もりを出してきたので、後期は交替したということかもしれませんが。朝日広告社は16年度からは単価をかなり下げて、ずっと受注しています。それを考えると、朝日新聞の報道姿勢も何だかなあ。
上記で紹介されている金額は平成14年度のものですね。

タウンミーティングの調査報告書の実物で確認したいなと思って捜したら内閣府のサイトにありました。

タウンミーティング調査に関する情報提供への御礼と報告書の公表について

結構な報告書と資料のボリュームです。現在多忙な私には読む時間がありません・・・。
どなたか読んで、マスコミが触れたがらない内容があったら教えて下さい(汗)  (^o^;)

少しでも参考になったと思われましたら、応援クリックよろしくです<(_ _)>
   ブログランキング・にほんブログ村へ   

コメント、TBもお気軽にどうぞ♪



スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/264-fe322d8a

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。