「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - いい話のご紹介TOP > 政治 > title - いい話のご紹介

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい話のご紹介   

最近ちょっと仕事が忙しくなり、月曜から今日まで合計6時間ほどしか寝てませんorz
エントリーもちょっと滞ってしまい、訪れていただいた方には申し訳なく思っています。

でも忙中閑あり、私のフィードリーダーに登録した人様のblogなどは仕事の合間の気分転換に覗いたりはしております。

ただ、北朝鮮や安倍総理のせい(?)なのか、どうも最近カリカリしていらっしゃる方が多くて、斜め読みしているだけでもちょっと疲れちゃいます(^^;)
私の惚れている(爆)中華的生活「多少銭?」のらんさんまで、最新エントリーではべらんめぃ口調になっちゃってます(笑)

なので、連載途中の「日本史から見た日本人 昭和編」からの引用紹介再開の前に、多分あまり知られていないけど、日本が好きな人ならきっと感動して嬉しくなる話をちょこっと紹介しますので、怒り疲れた心を癒してくださいませ(笑)
feedpath tags:   generated by feedpath

今回はトルコのお話です。
トルコが親日国なのはご存知の方も多いと思います。日露戦争のこともありますが、エルトゥールル号からイラン・イラク戦争時の日本人救出につながるエピソードの影響も大きいでしょう。
エルトゥールル号をご存知でない方は、こちらのフラッシュをぜひご覧下さい。
感動ものです。

日本とトルコ

で、昨年春、日本・トルコの友好115周年記念事業が和歌山県串本町で行われた時のこと、式典に参加したトルコ海軍総司令官のイェネル・カラハンオール海軍大将は、スピーチの中で次のようなことを仰ったんですね。

「殉職した海兵の皆さんはトルコと日本の友好関係の礎となった。この友好は永遠に継続されるであろう」と追悼の言葉を述べた。

また「日本国旗には太陽(日)、トルコ国旗には月がある。合わせると『明るい』という字になる。両国の友好関係に見られる人道主義がさらに明るい未来へと導いてくれるということだと思う」と述べた。


日本国旗とトルコ共和国国旗
日本国旗トルコ共和国国旗

どうですか、この心憎いスピーチは!
日本人でさえこんな気の利いたスピーチはなかなか出来ないのでは?
参考にさせていただいたメタモルフォーゼ・ニッポンさんも仰っている通り「るい未来」なんて洒落たことを言ってくれる国との友好関係は、いつまでも大切にしたいですね。

参考リンク:
メタモルフォーゼ・ニッポンさん「トルコ・春の叙勲・エルトゥールル号 」

あ。それからスッとする話といえばもうひとつ。。。
今晩「その時、歴史が動いた」で、白洲次郎の回のアンコール再放送がありますね。


マッカーサーを叱 (しか) った男 ~白洲次郎  戦後復興への挑戦~」
(10月25日 (水) 22:00~22:43  NHK総合)
※今日(10/25)見逃しても、翌週に再放送もあるかなと思います。

前回の放送の後、書店では白洲次郎関連の旧刊書籍も再注目されて売れ出したのか、山積みになっていました。白洲次郎は政治家ではありませんでしたが、こういう人が今の政界に現れて欲しいなぁ。。。

このエントリーに癒されたら(笑)、クリックお願いします<(_ _)>
 ブログランキング・にほんブログ村へ     

コメント、TBもお気軽にどうぞ

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

はじめまして

よっ、海軍大将!粋なこと言うなぁ!
日本も、親日国家とはドンドン繋がりを持たなきゃ。

中国の脅威を受けてる国には、親日国家が多いですね。シグナルを送ってるんですよ。「ウチと仲間にならないか?アンタのとこも中国封じに仲間が必要やろ」と。

これこそ、国益です。

>NS大川 さん

コメントありがとうございます。
お互いの国の国旗のシンボルを組み合わせて「明るい未来」とは、本当に聴く者の心に響きます。
小泉前総理がトルコを訪問して大歓迎されましたが、現職総理としては15年ぶりだったそうですね。
親日国は大切にしたいですよね。
小泉氏は台湾新幹線の開通式に招待されているようですが、ぜひ出席して欲しいなと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/227-03d7b156

毎日新聞の正体

毎日新聞反日記者が佐賀県知事にしつこく質問 両陛下のご来県が無駄遣いと!

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。