「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 核武装についての拙い考察TOP > 政治 > title - 核武装についての拙い考察

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核武装についての拙い考察   

北朝鮮の核実験実施以来、右も左もいろんな意見に目を通して参りました。

核武装について「『議論』することさえ封印しろ」などという、戦前がリバースしたかのような言論弾圧がしたい人は放っておくとして(苦笑)、日本では言論の自由が保障されているのですから大いに議論はすべきと思います。
  generated by feedpath

では、私自身はどういう意見なのかというと、どうしても積極的に核武装すべきとは思えず、どちらかと言えば反対・・・ですかね。
もちろん、最優先 されるべきは国民の生命・財産であることは言うまでもなく、護憲派の方に対しても「憲法守って国民を守れなかった」では「健康のためなら死んでも構わな い」みたいで本末転倒だろって突っ込むのですが、「核武装」となるとどうしてもいろいろ考え込んでしまいます。
まぁ、考えがうまくまとまらないので、今後も考え続けたいと思います。

(このように定見がないのが私の弱点なのですが(苦笑)、常に先入観を持たず、思考停止に陥らず、反対意見にも安易にレッテル貼りをせず、がモットーなので・・・)

私の意見などはさておき、「日本で核武装の議論が必要」という中川・麻生氏の発言、実はこれ自体が「外交カード」になっているのかな、とも考えられますね。
Dogma_and_prejudice」さんや「ぱっとんな日々」 さんがそれを指摘されていますが、もしかしたら中川・麻生両氏はそれを狙っての発言なのかな?と考えることもできなくはないですね。社民党の福島党首は 「外国がどう受け止めるか考えて発言すべき」などどと言っていますが、もしかしたら「外国がどう受け止めるかを考えた」からこそあえて「議論すべき」と発 言したのかもしれませんよ。

今まで、非核三原則・核兵器廃絶を訴え続けてきた日本が、一転「核武装を議論するぞ」と発言するだけで、どれだけ日本が本気で怒っているのかをアピールすることにもなっている訳ですね。普段、温厚で平和的な人が本気で怒った時ほど怖いものはありませんね。特に、「日本人は怒らせると怖い」と考えていると言われる中国人には効果がありそうです。実際に中国は反応してきているわけですし。

以下は、「ぱっとんな日々」さんからの一部引用ですが、的を射た御意見だと思いました。
日 本が核を持つのを一番警戒している国は中国であり、核保有するつもりが無くても、その議論だけで十分に中国を牽制する事が出来ます。北朝鮮の核を認めれば 日本も核保有を検討しなければならないと中国に伝えれば、中国は北朝鮮の核放棄のために真剣にならざるを得ないはずです。
い くら反日的な中国とはいえ、日本にそっぽを向かれると一番困るのが中国というのも事実。日本の対中感情の悪化に焦っている様子は、昨年春の反日デモ以降を 観察しているとわかりますね。経済・技術面で日本に依存している割合が多いからなのでしょう。このあたりを利用して日本がうまく中国を利用できるような外 交ができればいいんですけどね。

よろしければ、応援クリックよろしくです<(_ _)>
 ブログランキング・にほんブログ村へ     

コメント、TBもお気軽にどうぞ

参考Link:
核武装論 - Wikipedia
検証用・核をめぐる中川政調会長発言の詳報
Flight to Freedom/神の国へ…
「原爆ホロコースト」の実態



スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

おじゃまします

私も基本的には、核武装には賛成できません。
核は、あきらかに民間人をも殺戮する目的をもった兵器だといわざるを得ないからです。
通常の兵器とは性質が異なると思います。
細菌兵器もそうですけどね。

>>大いに議論はすべきと思います。
これは大いに賛成です。
私は核武装も安保条約と同じく、存在そのものに意義があり、その効果が発揮されるような事態を未然に防ぐためのものという観点で、必要と考えています。ここは意見が分かれるところでしょうが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>おしょう さん

そうなんですよね。
大量破壊兵器であり民間人を巻き添えにすることが前提の兵器を持つような国に日本はなって欲しくないという希望(幻想?)をどうしても頭の中から払拭することができません。
そんな理由は論理的でないというツッコミはもちろんあるでしょうが・・・。
例えがふさわしくないかも知れませんが、神風特攻隊とアルカイダの自爆テロの間にある明確な違い(溝)を、民間人を巻き込む兵器を持つことで日本人自らが埋めてしまうことにならないか、そんなことまで考えてしまいます。
(ちょっと誤解されそうな表現ですが)

>小楠 さん

抑止力としての核保有の効果は十分にわかっているつもりだし、パワーバランスこそが平和を維持するということも理解しているつもりなんですけど、おしょうさんへの返信で書いたこと以外にも、実際に日本が保有したときのデメリットや、核ドミノの問題等に目を向けた時、それらへも明確に反論できないんですよ・・・。
なので今は消極的反対派、という感じです。
根本的に、地球から核兵器を無くしたいという願望があり、その旗振役は日本が一番ふさわしいと思っている部分もあります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/222-ba7d7141

核保有議論は中国への牽制でもあり、核廃絶の手段でもある

北朝鮮核実験:「日本の核保有議論も大事」麻生外相が発言(毎日新聞) 麻生太郎外相は18日の衆院外務委員会で、北朝鮮の核実験問題に関連し「隣の国が(核兵器を)持つことになった時に、(日本が核保有の是非を)検討するのもだめ、意見の交換もだめというのは一つの考

日本の持つ「核カード」(核開発開始カード)

以前、拙ブログ昨年6月のエントリーで、「北朝鮮の核実験を中止させる方法」を書きました↓。北朝鮮の核実験を抑止すると共に、拉致問題を進展させる可能性のあるカードを、日本は持っています。それは、核カードです。  つまり、北朝鮮に対して、「核実験を中止せよ、そ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。