「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 日本は軍事大国?TOP > 外交 > title - 日本は軍事大国?

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は軍事大国?   

世界の軍事費についての下記の記事によると、日本の軍事費は米、英、仏についで世界第4位、お隣の中国は日本に次ぐ第5位だそうです。


世界の軍事費3・4%上昇、イラク派兵などが影響(2006年6月12日21時52分 読売新聞)

 【ロンドン=飯塚恵子】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が12日に発表した「06年版年鑑」によると、2005年の世界の軍事費は、ブッシュ米政権のイラク、アフガニスタンでの軍事支出が影響し、前年から実質3・4%伸びて約1兆1180億ドル(約128兆円)に達した。

 05年の世界の軍事費上昇分の約80%が米国分。米国は世界全体の軍事費の48%を支出した。年鑑は米国の軍事費急増の理由について、対テロ戦争のほか、大型ハリケーン「カトリーナ」などへの対応も要因となったと指摘した。

 米国に次ぐ軍事費上位国は、全体の4~5%の支出にあたる英国、フランスが続き、次いで日本中国の順中国の通常兵器輸入総額は、01~05年の5年間で総額133億4300万ドルと、世界で最高だった。

 また、天然ガスや原油価格の上昇に伴い、資源国の軍事費の急増ぶりが目立っている。ロシア、サウジアラビア、アルジェリア、アゼルバイジャンに加え、チリやペルーでもこの傾向が顕著だとしている。


これを見て、中国より日本の方が軍事大国じゃないか、中国脅威論なんて嘘だっ・・・って単純に考えてしまいそうですが、それは「軍事費」と「軍事力」を混同してしまっているってことなんですね。

防衛費については、日本の自衛隊は他国と比べると非常に高コストであることを理解しておかないと軍事大国だと誤解してしまいます。
こちらのサイトでまとめられていますが、さらに簡単に言ってしまうと、
・人件費が高い(日本の物価や志願制であること)
・武器輸出をしないので大量生産出来ず、装備の単価が高い。
(同型の装備でもアメリカ国内価格の約2~3倍)

ということです。

では、中国はどうかというと、そもそも発表が真実かどうかが怪しいし、人件費の安さは言わずもがなですね。

軍事費ではなく軍事力の比較は素人の私には難しいですが、たとえば作平成16年8月の防衛庁のこの資料の15ページを見ると、自衛隊は25万人なのに対し中国は225万人、アメリカの143万人よりも多いです。現代では装備の近代化等もあって軍人の人数だけでは兵力をはかることはできないそうですが、それでもえらい差ですね。

それよりも何よりも、中国が18年連続で2桁増であること、そして核保有国であることを忘れてはなりません。
それに法治というより人治国家であることは、中国人でさえ認めるところです。中共首脳部は日本との経済関係を無視できないのでむやみと日本に軍事力を行使することは考えにくいですが、人民解放軍には核使用もやむを得ないなどと物騒な発言をする幹部も実在しており、暴走する危険性も100%無いとは言い切れないでしょう。

この報道の数字だけを見て、日本は軍事大国だと思ってしまうのは早計なんですね。



もし、お気に召しましたらどうぞ(^^ゞ


スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/22-7fd050b2

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。