「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 旅行TOP > 雑記・つぶやき > title - 旅行

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行   

久々のエントリーです。
仕事が忙しかったのもありますが、実は遅めの夏休みをとって旅行に行っていました(^^ゞ


広島 → 鹿児島 → 熊本と回ってきたのですが、「大和ミュージアム」や「知覧特攻平和会館」、「万世特攻平和祈念館」なども見てきたので、ちょっとだけ写真なんぞをUPしておきます。
(携帯のカメラなので画質は良くないです)

まずは「大和ミュージアム」(正式名称は「呉市海事歴史科学館」だそうです)


大和1大和2海龍

下は、左が「知覧特攻平和会館」、右が「万世特攻平和祈念館」(屋内は撮影禁止でした)
両方とも土曜日に行ったのですが、知覧は有名なので入館者も多かったのですが、万世の方は知名度が低いのか私の他に2~3人しか客がいませんでした。


知覧特攻平和会館万世特攻平和祈念館

ちなみに、特攻兵というと下の子犬を抱いた17歳の特攻兵の写真(出撃前日に朝日新聞記者が撮影)が有名ですが、彼らは知覧ではなく万世の方から飛び立ったそうです。(写真中央の荒木幸雄さんが実家に送った遺書の消印から判明したらしい)

特攻兵と子犬


鹿児島の後は熊本に寄って阿蘇観光をした後、ふらりと「菊池神社」というところに立ち寄りました。余談ですが、私の両親は山形出身で親戚も東北にしかいないのですが、苗字から考えて私の遠い先祖は熊本のこの地方で暮らしていた可能性が高いと最近知ったからです。

 で、その菊池神社の境内にあったのが下の写真の「軍神松尾敬宇中佐」の説明です。オーストラリアシドニー湾に特殊潜行艇で攻撃に向かい戦死、その勇敢さに対しオーストラリア軍も敬意を表したという話です。


松尾敬宇中佐

これを見るまでは忘れていたのですが、松尾敬宇中佐については以前「Let's Blow! 毒吐き@てっく」さんが紹介されていました。興味のある方はそちらもどうぞ。


その他参考リンク:
特殊潜航艇によるシドニー港攻撃(Wikipedia)
特殊潜航艇/松尾敬宇



全然関係ないおまけ写真(笑)
割れたキーホルダー

今年の3月にタイで買ってきたクリスタルキーホルダー。
9月19日の晩に落として割ってしまったのですが、奇しくもその時タイではクーデターが発生していました・・・ すごい偶然(^^;

たまには、こんなエントリーもあっていいでしょう(^^ゞ
次回からは、また本の紹介などを行っていく予定です。

スポンサーサイト

コメント

お疲れさま

ご旅行でしたか、知覧も万世も行った
ことがないので、しっかり見せて頂き
ました。
一度行ってみたいところです。
感慨深いものがあったでしょうね。

>小楠さん
実は、見学した感想をエントリーしようと思って書き始めたのですが、いろいろな想いが交錯してうまく言葉にできずに断念し、写真を載せただけのエントリーになってしまいました・・・。
どちらも数え切れないほどの遺影や遺書、辞世の句が展示されていて、来館者はみな真剣にそれらを読んでいるのが印象的でした。

お邪魔します

 実は私は「1級小型船舶操縦士免許」というのを持っているのですが、この大和の模型が、材料から何から全て1/10スケールと仮定すると(実際にはあり得ませんが)、寸法は勿論ですが、体積は1/1000になるわけで、単純に総排水量も72,808ton→72.8tonになります。
 上限総排水量20tonの私の免許では、この模型すら操縦できないのです。すごいですよね!

 知覧は、例の「ピアノ」もありましたね。

   野畔の草 召し出されて 桜哉

 この句が頭から離れません。 

>tonoさん

tonoさんはトライアルやったり、船舶免許を持っていたりと、かなりアクティブな方なんですね! まぁ、私も人に言ったら必ず「えっ!?」といわれるワイルドな趣味をやっていますが(笑)

しかしあの模型は本当にすごかった。あの模型を造る過程を書いた本も確か出ていましたね。

知覧・万世は、もう涙が止まりませんでした。万世の方が入館者が少ないので、人目をはばからずに泣けました(^^;;;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/195-5fa006ba

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。