「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 事実を重視する日本と、重視しない外国-2TOP > 外交 > title - 事実を重視する日本と、重視しない外国-2

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実を重視する日本と、重視しない外国-2   

前回のエントリー「事実を重視する日本と、重視しない外国 」を書きながら、日本の外交、そしてそれを見守る日本国民も海外のこの特性を理解しておくのは、とても大切なのではないか、と感じました。

日本人が「論より証拠」といって、事実を重視する傾向はあえて言うまでもありませんが、ネットの掲示板の議論でよく見かける「ソースは?」ってのもその一例でしょう。

逆に、外国人のこの特性が良く現れるのは、国益がぶつかり合うような外交交渉等の場でしょうね。
特に日本人が忘れてはならない「東京裁判」などはこの典型的な例なのかなと思います。アジアを再侵略しているその現行犯が「日本は侵略戦争をした」といって戦勝国側の虚実ないまぜの屁理屈が押し通されたわけですから。

それでも、今は西洋人に対して良心に訴えればきちんと理解してくれることも決して珍しくはないですし、日本も筋道建てて主張すべきところはきちんと主張していくのが良いかと思います。
もしかすると、未だに「原爆投下は戦争終結を早めたから良かった」論を唱えるアメリカ人も、心の底では「そうでも主張しておかないと、大虐殺を行ったという事実に自国のプライドがズタズタにされてしまう」というジレンマと戦っている人も中にはいるのかもしれません・・・(あまいか?)

それに対し、今でも「証拠より論」、さらに「論より感情」の外交を展開するのが、特定アジアですね。個人レベルでもその傾向が良く現れるのかなと感じます。中国・韓国で仕事の関係などで暮らしている方などのブログを拝読するとそんな例を見かけることがよくあります。

たとえば、日韓翻訳チャットがテーマの月見櫓さんの「いつものパターン」というエントリーで分析されている韓国人の言動もあてはまりそうです。ちょっと引用させていただこうと思います。

彼らのパターンなのですが、彼らは自分の主張に対して証拠や資料、論拠を提示することはほぼ絶対にありません。あってもせいぜいEnjoy Koreaくらいです。

逆にこちらの主張に対しては必ず証拠を出せの資料を見せろのと騒ぎます。たいていの場合「そんなことできないと思うけど」「証拠なんて無いと思う けど」という台詞がつきます。この台詞は某脳足りん君ブログでもご覧になった方がいらっしゃると思いますが、彼らは何故か日本人が証拠無しに主張している と確信しています。
日本人の主張にも証拠(という「事実」)がないと思いこんでいるのは、議論においてもともと証拠をさほど重視していない国民性の表れなのかもしれません。でもここをおさえておくと、理不尽な言いがかりをつけられても立腹するのではなく、「あ。またやってやがる」位の気持ちで見られそう(笑)

外交においても、『外国人は自国の国益が左右される場面ではこう言う主張を展開する人達なんだ』という認識を前提に、日本なりの戦略を立てれば、中韓の理不尽な日本批判も、ただ突っぱねるたり事実を述べて反論するだけでなく、彼らの思考パターンを前提に戦略的に考えることが大切でしょう。

「中韓を黙らせるにはこう主張しろ」と書いた本も出ているようですが(私は読んでいませんが)、証拠を並べて論理的に彼らを論破しようとしても、このように国民性が違うのですからその手法では無理かもしれませんね。

また、嫌中・嫌韓がテーマのブロガーさんも多いですが、怒るだけでは疲れてしまいますので、たまには論破する以外の戦略を考えてみるのも面白いかもしれませんよ。



「じゃあ、おまえはどうすりゃ良いと思うんだ?」というツッコミに対しては・・・ん~、ムズカシイ(^_^;

まじめに考えれば、開国以来日本にやってきた数多くの欧米人達が日本の良いところに感心し、自国で日本を紹介する本を多く出版してきたことによって、本当の日本への理解を深めてきたのと同じようにできればいいんですけどね。中韓の今の政治体制ではそれはムズカシイ・・・。

だとしたら、いっそのこと日本人らしさを脱ぎ捨てて、彼らと同じように多少汚い手でも使って打ち負かすしかないのか?
しかし、自分のことは棚に上げ、主張の一貫性など気にせずに、持てる力を振りかざして大声で主張するという恥知らずなことをできる日本人なんているのか!?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
いたっ!  マスコミだ!(笑)


日本のマスコミって、よく考えたら中韓っぽいもんなぁ(^_^;

では、マスコミの中から特にディベートに長けた者を選抜し、反日的な部分を取り除いて愛国心を養い、日本の国益重視の人材を育成する・・・。その人材を集めた外交最前線の部門を外務省の中に設立するというのはどうか?
間違いなく日本人離れした強力な外交部隊になるぞ!
そして、そのリーダーは中華的生活「多少銭?」の五十嵐らんさん♪
猛烈な議論になった時、らんさんのとどめのセリフ「メンツは日本人にもあんだよっ!」でイチコロ♪


すいません、最後は妄想になってしまいました(^^ゞ

関連エントリー:
事実を重視する日本と、重視しない外国


もし、気に入られましたら応援クリックよろしくです<(_ _)>
 ブログランキング・にほんブログ村へ     

コメントもお気軽にどうぞ

日本人はなぜ日本を愛せないのか
鈴木 孝夫
4106035596


世にも不思議な中国人
五十嵐 らん
4847016521

スポンサーサイト

コメント

やっと

日本にも事実を重視しない輩がいますね、
その名は反日又は左翼。
あの気持ちの悪い、大江健三郎「沖縄ノート」の嘘が暴かれましたねー。
本当に左翼と言うのは嘘で人を辱めても平気なんですね。
http://josaito.cool.ne.jp/togashiki/jiketsu.html

いつもありがとうございます。
事実を重視しない輩の勢力をそぐには、きちんと史実を広める努力が大切でしょうね~。
このニュースは多くのブログが取り上げていますが、私も次のエントリーで取り上げようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/171-b4dd0dcb

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。