「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - 過去の戦争を考える時には、時代背景も考えてみたいTOP > 日本近代史(戦争) > title - 過去の戦争を考える時には、時代背景も考えてみたい

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の戦争を考える時には、時代背景も考えてみたい   

やはり8月になると過去の日本が行った戦争を振り返るTV番組が増えてきますね。戦争を経験していない人が大半を占める今、あの戦争は何だったのか、少しでも多くの人が興味を持って知ることは大切なことだと思います。

ただ、時代の流れの中から戦争の部分だけを切り取って、善だったか悪だったか、加害者か被害者かという判断をするのは片手落ちのように思うのです。

戦争は「悪」であり、戦争を始めた者もその責任者も「悪」。
そう、確かに今の日本の一般的な常識では「戦争」は「悪」だと思います。いくら、国際的には外交手段の一つであるとは言っても、私も「悪」だとは思います。

ちょっと視点を変えて、「暴力」についてはどうでしょう? 同じように、「暴力」も「悪」ですよね。
では、試合中に相手チームの選手に頭突きという暴力をふるったジダン選手は誰が見ても「悪」なのでしょうか?

普通なら、なんでそんなことをしたのか、その理由を知りたいですよね。
たとえば、ジダン選手の頭突きシーンだけを切り取って、相手の暴言やその背景に全く触れないままジダンバッシングばかりの報道だったとしたら違和感を感じませんか?ほとんどの人が、それは「フェアじゃない!」って感じると思います。

戦争についてだって、開戦を決断したのは百歩譲って「悪」だとしても、そう決断せざるを得なかった時代背景や外国の圧力を論じないとフェアじゃないと思うわけです。

そういう訳でいろいろな本を読んでいるわけですが、今後も私が参考になったと思うところを紹介していきたいと思います。
今日は、何となく普段思っていることをつぶやいてみました・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/143-7f8f9c79

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。