「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > スポンサー広告 > title - シンドラー社叩きの陰で誰かがホッとしてる?TOP > メディアリテラシー > title - シンドラー社叩きの陰で誰かがホッとしてる?

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンドラー社叩きの陰で誰かがホッとしてる?   

※右側の「エレベーター故障を経験したことありますか? 」投票もよろしくお願いします。

昨日のエントリーで、マスコミ不信の観点からシンドラー社のエレベーター問題について取り上げてみましたが、海外でも死亡事故が何件も起きていることがどんどん明るみに出る上に、不誠実な対応がますます火に油を注いでいますね。やはり問題企業と言わざるを得ませんが、でも何故それなのに世界2位のシェアをとることが出来たのか?海外でも死亡事故が起きているのならその国のマスコミは、今の日本のように調査しなかったのか?


何か引っかかることの多い問題ではあります。

「シンドラーのリフト」という語呂の良さ(?)もあって、シンドラー社叩きはいっそう加熱していますが、しかし「1年以上保守点検していなかったのが悪い」という同社の主張を「責任逃れだ!」と感情的になって騒いでばかりいると、別の問題が見えなくなってしまうことに気をつけなくてはならないと思います。

「1年以上保守点検をしていない」のは法律違反だそうです。法的には年1回「昇降機および昇降機等定期検査」として実施し行政への報告が必要で、他には慣例(?)で毎月1回の点検を実施するのが通常だそうです。

とすれば、シンドラー社叩きの陰で、責任追及の矛先が回ってこなくてホッとしている者達がいると言うことですよね。この部分の追求がおろそかになってしまっては、別の見えない危険が放置されたままと言うこともあり得ない話ではありません。

エレベーターも機械ですから消耗部品もあれば点検時の注油もきっと必要でしょう。消耗部品の交換手順や注油量が適切かどうか等、素人にはわからない部分がたくさんあるわけですから、そこに問題が放置されたままとなってしまっては事故は繰り返されるかもしれません。

と言うわけで、センセーショナルにシンドラー社の欠点ばかりをあげつらって叩きまくってるバッシング大好きなマスコミのみなさんには、もっと冷静に事実関係を明らかにする責務を感じて仕事をして欲しいと思います。




まだまだ中身がないBlogですが、気が向いたらどうぞ(^^ゞ

また、コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://jseagull.blog69.fc2.com/tb.php/13-ac702abb

強気姿勢を崩さないシンドラーの意図

http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-13.htmlカラープリンターのインクは結構高い。デジカメで撮影した写真をプリントアウトしようものなら、すぐにインクがなくなる。そこで登場するのが格安のサードパーティのインク。ところが、メーカーは純正インク以外のものを

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。