FC2ブログ

「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > ARCHIVE - 2008年05月

昭和初期の「日本外交の過誤」   

51TJVZ0AGVL
先日から『吉田茂の自問―敗戦、そして報告書「日本外交の過誤」』という本を読み始めました。まだ半分ほどしか読んでいないのですが、日本がなぜあのような戦争に向かっていったのかを考えるのに役に立つ良書だと思います。

日本が行ってきた戦争(特に昭和)については、たとえばA級戦犯の責任とか、あるいは軍部の暴走というだけでは決して語れないと思います。

では、なぜ日本はあのような歴史を辿ることになったのか・・・そこに関心のある方にはお薦めできそうです(・・・まだ半分ほどしか読んでいませんがw)

このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

スポンサーサイト