「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > ARCHIVE - 2008年03月

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春・全開 北の丸公園の桜   

IMGP0610

昨日(3/29)の土曜日、絶好の花見日和なのに、休日出勤だったので、無理やり早起きして花見をして写真を撮ってきました。

先日のように携帯電話カメラではなく、ちゃんとしたカメラで撮りましたから、腕はともかく、まぁ見られる写真にはなりました(笑)。



このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

スポンサーサイト

日露戦争の記録フィルムを紹介   

nichiro-s2


私のもう一つのブログ「近代日本動画資料室」の方に、久々に日露戦争の動画を貼っています。

こちら
  ↓
近代日本動画資料室 1904-05年(明治37-38年) 日露戦争

nichiro-g7
動く東郷平八郎乃木希典の映像もまたなかなかお目にかかれるものではないですね。(一瞬ですが) 

当ブログの方には、YouTube動画からのスナップショットを載せておきます。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

日本、国際連盟に対し正式に脱退を通告 1933.3.27   

75年前の今日、3月27日は、日本が国際連盟に対し正式に脱退を通告した日です。

松岡洋右が演説をした後に議場を退席したのは2月24日のことですが、3月27日をもって、日本は正式に脱退を通告しました。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

春らしくなってきましたね   

HI350035
本日(3/26)、 仕事の取引先から帰る時に北の丸公園に寄ってきましたので、数枚、写真を載せておきます。

携帯電話のカメラで、しかも日没間際なので色はよくありませんが、春めいてきた雰囲気は伝わるかなぁ、ということで^^

桜は三分咲きといったところでしょうか。

満開になったころに、なんとか時間を作ってまた写真を撮りに行きたいなぁ、と思っています




このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

1945年3月21日 神雷部隊(桜花)初出撃・・・そして全滅   

yoko_ohka

63年前の今日、3月21日は特攻機「桜花」を擁する神雷部隊が初めて出撃し、そして一機も母機から離れることなく全機撃墜された日です。

下の動画は、まさにその時のもので、米軍機に搭載されたガンカメラによる映像です。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

空襲と日本の敗戦を予想した人たち   

1945年3月10日の東京大空襲については、テレビも特集していたようですし、来週には日本テレビ系列で2夜連続ドラマもあるようで一般的な認知度は高いかと思います 。

なにしろ日本の首都空爆であり、一晩10万人という死者数は、原爆にも匹敵する被害です。
自分が仕事をしている場所も、63年前は空襲で焼け野原になった地域であり、現在のオフィスビルが建ち並ぶ地上から空を見上げて、「ここにもあの大量の焼夷弾が降り注いだのか」と想像すると、何とも言えない感覚になります。

しかし、日本の都市で空襲を受けたのは、いうまでもなく東京だけではありません。
あまり知られていないことかもしれませんが、規模の大小はあれども、日本の県庁所在地の中で、空襲を受けていないのは、2カ所ほどしかないそうです。
(どの都市だったかは忘れてしまいました。調べがついたら修正します(汗))


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

[書評]「ラジオの戦争責任」 坂本慎一著   

21CHG3xDk8L

先日立ち寄った本屋で見つけて、思わず「あ!」 と言ってしまいそうになった本の書評です。

なぜ、そう思ったかというと、戦前にラジオが世論形成にどれだけ影響力を持っていたかということについて、すっかりノーマーク、盲点だったからです。

戦前の日本の国内世論は、戦争を支持もしていましたし、協力もしていました。なぜそうだったのかということに私はずっと関心があって、例えば新聞はどうだったか、とか、教育の影響は?、言論統制の影響は?・・・ということばかりに気を取られていました。

いや、それは私ばかりではないと思います。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

過去エントリ「報道に熱くなりすぎる人たち」に、さらに加筆修正   

3月3日にアップしたエントリー「報道に熱くなりすぎる人たち」の内容に、再度若干加筆修正しました。

(´・ω・`)さんが指摘していたことや、コメントのやりとりを本文に反映したりしました。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

沖縄戦集団自決への歴史認識 大杉一雄氏の場合   

  2008-03-05-ohsugi
3月5日の朝日新聞朝刊に、現代史研究家・大杉一雄氏による「沖縄戦集団自決」問題への認識が掲載さ れていました。

これを知ったのは、私が巡回しているブログのなかで、お二方がこの記事を紹介していたからです。

戦争を語り継ごうブログ 沖縄集団自決 客観的、冷静な歴史認識を
沖縄問題に関する二つの意見 |  天木直人のブログ

お二方とも、大杉氏の見解に「共感できる」とされていましたが、私も同感です。

朝日新聞を購読している実家に連絡して、この記事を保管しておいてもらい、この週末に持ち帰ってきましたので、ここに全文を転載しておきます。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

過去エントリー加筆修正、シンドラーエレベータ事故補足   

先日の「報道に熱くなりすぎる人たち」のエントリーを加筆修正しました。

読み直してみたところ、若干品のないところも散見されましたので(苦笑)

まぁ、手直したところで、人様から共感されることの少ないエントリーではあることは自覚しております(爆)
(いや、このブログそのものが(ry )

あと、「報道の質と受け止める側の問題」のエントリーで再掲したシンドラーエレベータ事故の件にも若干補足しておきます。

このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

戦争報道に熱くなった戦前の日本人   

このエントリーは、下記の続き(のつもり)です。

1.報道に熱くなりすぎる人たち
2.報道の質と受け止める側の問題

私は、マスコミとは常に視聴率や購読部数を稼ぐためのネタ(悪く言えば生け贄を)をさがしている、と思っていますw。それゆえ、事件・事故や大きな政治問題が表面化したときは、真相が明らかになるまえにもかかわらず犯人・責任者を叩くことに余念がない、と。

同様に、大衆の支持を煽ったり、ブームを作ることにも余念がないのも、視聴率・購読部数の確保が念頭にあると思っています。そしてそれが当たると思えば、どのマスコミもいっせいに同じ方を向いて走り出す。

そして、その構図は、戦前と全く変わっていないと思えるのです。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

報道の質と受け止める側の問題   

(前回の「報道に熱くなりすぎる人たち」の続きです。)

報道に煽られて人が熱くなってしまうことの問題を歴史問題にからめて書く前に、報道をどう受け止めるべきかを考えた過去エントリーを再掲しておきます。

シンドラー社製のエレベーターで高校生が亡くなった事故の報道について感じた疑問を書いたものです。

あの事故が起きた当時、エレベーターに乗る時、どのメーカーのものか確認した記憶がある人も少なくないでしょう。マスコミの論調は、シンドラー社製のエレベーターが悪いというものがほとんどでしたから。

でも、記者会見などでシンドラー社をバッシングしている様は、魔女裁判か公開リンチのようで、私はテレビを見ていて非常に気持ち悪かった記憶があります。

このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

報道に熱くなりすぎる人たち   

(3/7,13 若干加筆修正)

最近の事件や事故報道について書いている人様のブログ(特に政治系)を見てまわっていて、思ったこと。

たとえば沖縄の事件や、イージス艦と漁船との衝突事故などを、あたかも事実関係を自分がすべて知っているかのような前提で語る人の多さはいったいなんでしょう。
それでもって反対意見に怒ったり絡んだり・・・・・ホントにおつかれさまです。

でも、新聞・テレビ・ラジオの報道や、PCの前に張り付いてネットで調べればわかるというほど、「事実」は単純ではないと思います。

政治問題に発展したものについては、特に、「事実はどうだったのか」ということを軽視すべきではない、と思います。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

「軍服を脱いだジャーナリスト」水野広徳   

mizuno1

今週のNHK「その時歴史が動いた」ではバリバリの軍国主義者から戦争反対を唱えるジャーナリストへ転身した水野広徳にスポットを当てていました。

日露戦争から日米開戦までの歴史の流れと、言論の自由が奪われていく過程と合わせて、水野がどのような主張をしてきたのかをわかりやすく描いていてなかなか興味深かったです。

まだこれから再放送がありますので、内容について詳しく書くことは控えますが、短時間にあの時代の流れを良くまとめてあったと思いますので、オススメしておきます。


このエントリーには続きがあります→【続きを読む】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。