「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > ARCHIVE - 2006年06月

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意図的な記事?   

私が最近読んだ本に、『世界の偉人たちが贈る日本賛辞の至言33撰』という本があります。
その一番最初に出てくるのが次のような言葉でした。

近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。
一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。私はこのような尊い国が世界に一ヶ所ぐらいなくてはならないと考えていた。
世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて、最後の戦いに疲れる時が来る。
その時人類は、まことの平和を求めて、世界的な盟主をあがなければならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それにはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
われわれは神に感謝する。
われわれに日本という尊い国をつくっておいてくれたことを。


ところが、今日gooのニューストピックにこんな見出しがでているのを見つけました。
『ネットで流行「アインシュタインの予言」、人違い?』

要はこれはアインシュタインはそんなことを言っていない、ってことらしいです。
なーんだ、そうなんだ、残念・・・。




と、ここで納得してしまうのは過去の私。
今の私は違います(笑)

まず、どこの記事か確認します。
『朝日新聞』 (ほほぉ~。(笑))
(元記事はこちら

そして、誰がそういっているのかを確認します。
『東京大学の中澤英雄教授(ドイツ文学)』

で、「中澤英雄」教授がどのような人物かgoogleで検索してみると・・・
なんと三つ目に「Let's Blow! 毒吐き@てっく」さんのサイトがあります。てっくさん、なにやら反論材料をお持ちのようです。
「アインシュタインの予言」
「アインシュタインの予言だけじゃないよ、わが国を称えてるのは」

一方の中澤教授の詳しい主張はこちら(↓)にありました。
「アルベルト・アインシュタインと日本」2005年02月28日(月)中澤英雄(東京大学教授・ドイツ文学)

てっくさんのところに書かれていますが、中澤教授にはある特定のイデオロギーがあるようですね。

アインシュタインが前述の通りの発言(予言?)を言ったかどうかの真偽は、ひとまず置いておきます。それよりも、朝日新聞がなぜ1年以上前の中澤教授の主張を今頃持ち出してきたのか?そちらの方が、気になりますね(^^)

だいたい見出しに「ネットで流行」と書くことに自体、インターネットに対する印象操作じゃないの?と思ってしまうのは、気のせいでしょうか?


※朝日新聞の記事には、東海大教授の板垣良一氏の話として「この言葉は、アインシュタインのものではないと断言できる。」とも書かれています。でも、この板垣教授が何か特定の思想をお持ちなのかどうかは調べてもちょっとわかりませんでした。



まだまだ中身がないBlogですが、気が向いたらどうぞ(^^ゞ




スポンサーサイト

似て非なる民族   

今日も色々人様のblogで勉強させていただきましたが、中でもスキッ!としたのはこちら中華的生活「多少銭?」さまのこの記事でした。

私も含め、中国の日本に対する態度に疑問を持った人は、最初きっとこう思ったのでは?

「日本は謝罪も反省も賠償(ODAという形ではあるが)もしているのに、なぜそれを認めようとしない? これ以上どうしろというのか?」

その答えがこの記事にあると思います。中国人を見事に論破しているのでフラストレーション解消にもなります(笑)

前にも書きましたが、日本人と中国人の価値観の違い、これを認識していないと誤解してしまう。まず日本人はココをクリアしないと過去の歴史や先人の苦労からないも学んでいないことになってしまうと思います。だから、お人好しの日本人は相手が怒っているのだからやはり自分が悪いんだと思ってしまう。自虐的なマスコミと教育がこれに拍車をかけ、誤解したままの一部の世論が出来てしまうのではないでしょうか?

「中国人と日本人の「「謝罪」と「反省」の認識の違い」・・・。政治家にはしっかりと認識して欲しいと思います。

そういえば、この前のトリビアの泉で『「」と言う漢字は日本製』というのをやっていました。中国では「」の文字に「はたらく」という意味があるので、「」と言う文字は使わないのだそうです。

同じ漢字を使っていても、意味が異なっている・・・だから中国人が「謝罪」、「反省」と言っても日本人がそのまま自分たちの価値観で解釈すると、それはすでに誤訳と言って良いのかもしれません。

常々思っているのですが中国要人の言う「日中友好」は意訳すると「朝貢関係」ではないか、そんな気はしませんか?私は「朝貢関係」は絶対にお断りです。

それにしても、中華的生活「多少銭?」のらんさんの文章はいつも秀逸です。勉強になるだけでなく読んでいて楽しいオチもあります。らんさんのblogは「世にも不思議な中国人」という本にもなっていて、私も買いました。中国を理解しようとするなら、前に記事にしたこの本よりもらんさんの本の方がおすすめです。中国人を批判することもありますが、決して嫌っているわけでありません。日本人が中国とうまくやっていくためのヒントはらんさんのblogと本から得られると思います。


まだ中身がないBlogですが、気が向いたらどうぞ(^^ゞ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。