「多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」(カエサル)
「自分の正しさを雄弁に主張することのできる知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性のほうが、私は好きだ」 (内田 樹)

考察NIPPONの書斎
このブログを書く上で参考にした本の一覧。現在194冊考察NIPPON-別館明治~昭和初期の貴重な動画を集めるブログ
(考察NIPPONの別館です)

近代日本動画資料室 更新情報

RSS表示パーツ

いま読んでいる本

おすすめの本

















↑この本の関連エントリーリストはこちら





カウンター(試験設置)

TOP > ARCHIVE - 2006年06月

スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史認識   

前回の続きっぽくなりますが、もう一つ私を大きく変えた事件がありました。

「2005年の反日デモ」

なんで、こんなデモを起こすほど日本は中韓から嫌われているのか?
そんなに昔の日本が彼らにしたことはひどかったのか?

それまでの私の近代の歴史認識は次のようなものでした。

・日中戦争は中国への侵略戦争
・南京大虐殺、731部隊の生体実験など日本軍は残虐非道であった。
・朝鮮半島についてはよくわからないが、日本が侵略して日本語や創氏改名を強制したらしい。
・強制連行された従軍慰安婦という惨い人生を強いられた朝鮮人が沢山いた。

この程度です。

だから、数年前に「南京大虐殺はなかった」とどこかで発言して激しい抗議を受けて謝罪や辞任する議員をニュースで見たときは、「そんな妄想を人前で言うなんて、なんて政治家は馬鹿なんだ」と思っていたものです。

ちなみに「悪魔の飽食」はおそらく初版で読みました。高校生だった私はその時の国語教師に勧められたからです。
その教師は「赤旗は良い新聞だから是非読んで欲しい」とも言っていました。全然興味なかったですが・・・。
歴史の勉強も、「事件の名前と発生年」や「人名」を丸暗記するだけのつまらない教科だと思ってました。

話は戻りますが、そんな私が「反日デモ」をきっかけに本やネットで調べ始めると、今まで何となく信じていたことが果たして事実だったのかどうかが分からなくなってきました。それでさらに別の本を買ったり調べたり・・・。
2005年春からの約1年間で購入した近代史や中韓・アジアに関する書籍は約70冊。amazonでもカートに入れまくりでまだ支払い処理に進んでいないものも約70冊、金額にして約10万円・・・そう、ハマると止まらなくなってしまうタチなんです(苦笑)

そうして今までの自分の認識がことごとく崩れていきました。
二十数年間の朝日新聞愛読者であった私にとっては、それこそ本当に目眩がして頭がクラクラするような思いでした。
ちなみに出身高校も「日の丸」「君が代」問題で一時全国的なニュースになったところです(笑)

とにかく、右でも左でもなんかしらのイデオロギーが前提のものは、ニュースも新聞も本もネットも最初から注意して読むような習慣が付き、常に真実はどこにあるのかを意識するようになりました。

最近、ネットを見ているとこういう人が増えてきているなぁという実感があります。自分も超微力ながらこの経験を生かしつつ人様の役に立てれば幸いだと思っております。







スポンサーサイト

メディアリテラシーの目覚め   

ほんの数年前までの私は仕事だらけの人生で、世間の動きには無頓着でした。
読む本も仕事関係の技術書ばかりという感じ。さすがにテロや戦争のニュースに出会うと心を揺すられて、どうすべきなのかを自分なりに考えましたが、知識がない分思考も浅くて自分なりの結論や主張にまでたどり着かない・・・。

選挙に行っても、何となくテレビや新聞から受けた印象で投票する状態でした。
(こういう人はおそらく多いでしょう)
だいたい日中は仕事しているので街頭演説なんか聞く機会もないですし。「こんな状態で投票するのはマズイよなぁ」って思ってあえて棄権していたくらいです。

そんな中で、真実を知りたいという強い欲求が湧いてくるきっかけになった一つのニュースがありました。

「イラク日本人人質事件」

当時、日本の世論は自衛隊派遣についての意見が真っ二つで、自分としてもいろいろ考えましたがいかんせん知識不足で「・・・すべき」という主張を持っていませんでした。そんな時人質になった家族がテレビに出て「自衛隊がイラクに行くから悪いんだ!」「どうして自衛隊を撤退させることができないんだ!」激昂しているのを見て、何かとてつもない違和感を感じたんです。

「なんで人質犯達と同じ主張をするの?」(家族の心配はもちろんわかるのですが・・・)
自衛隊派遣の世論が真っ二つの状態で、この主張の仕方に妙に違和感があったんです。
この事件についてはまた別の機会に整理して書いてみたいと思いますが、この時インターネットで初めて知ったある言葉がありました。

「プロ市民」

なんだそりゃ? テレビにも新聞にもお目にかかったことのない言葉でした。ネットでいろいろ調べていくうちにその実体がだんだん読めてきたわけですが、ネットの力を再認識したきっかけにもなりました。
こうして、私はデジタルデバイドのこちら側にやってくることができたわけです。
(インターネットの黎明期から仕事でネットを使っていたのに(苦笑) )

ブログを始める   

さて、ブログを始めようかと思います。

読む人がいるかどうかわかりませんが、とりあえず初回ですので軽く自己紹介。


性別:男
年齢:人生まだ前半。(年齢固定制度導入済み)
職業:会社員
趣味:ドライブ
出身:埼玉
生息地:東京



ブログで書こうと思っている内容は、日々のニュースから私なりに思ったことや考えたことなどの予定です。

普段からいろんな人のブログを巡回するのが去年の春頃から日課になっていて、テレビや新聞のニュースだけではわからないことや気づかないことが沢山あることに気づいたんですね。インターネットではタブーはないですから(例外の国あり)、より真実に近づけるわけです。それで、目から何枚の鱗が落ちたことか・・・(笑)

今は、本当に勉強になるブログやWEBサイトが沢山ありますね。知識豊富な方や立派な主張をお持ちの方のサイトには本当に尊敬と感謝の気持ちを持っています。
そこで、私もブログを書き、誰かに読んでいただくことによって、何かしらの感想を持ってくれる人がいると嬉しいなぁと思い書き始めることにしました。

ただ、いかんせん過去の歴史や政治については勉強中なので定見がない部分も多々あると思います。でも書くことによって自分の考えを整理したり、また自己矛盾があればそれに気づくこともできるのではないか、そう思っています。
仕事が多忙と言うこともあって、マメな更新はできないと思いますが、まぁマイペースでコツコツと続けて行けたらと思っております。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。